GLORIA MATANCERA


1927年にキューバのマタンサスでセプテートとして結成され、その後ソノーラとなったキューバの歴史ある人気グループ、グロリア・マタンセーラ。本作は、ネノ・ゴンサーレスやリバーサイド、カシーノなど、人気バンドで活躍し、セネン・スアレスから引き継いだコンフント・コロニアルも率いていた名ヴォーカリスト、ネロ・ソーサが50年代後半にグロリア・マタンセーラを従えリリースしたアルバムを、曲順はシャッフルされていますが、全曲収めるリイシュー盤です。プチートからリリースした『コサス・デ・ミ・クーバ』(SP-116)、マイペからネロ・ソーサ・イ・ス・コンフント(・トロピカル)名義でリリースした盤(US-162)と同内容となっています。
トランペット数本のブラス・セクションを含むコンフントの小気味よいノリに、ネロ・ソーサのはつらつとしながらも、まろやかで色気も感じさせる歌声が良く映えています。
盤起こしと思われますが、音質はまずまずです。紙スリーブ・ジャケに、レコードに模した黒色盤が封入されています。(サプライヤーインフォより)

01. Invitación Guaguancó
02. Sentir Guajiro
03. Dame el Si
04. La Molienda
05. Solo Quiero Bailar
06. Sin Pensar en Ti
07. Ahora Es Cuando ‘E
08. No Me Mires Así
09. A Tus Pies
10. Que Tu Verás
11. El Calorcito
12. Los Guajiros Estan Contentos

PELRAS CUBANA 092

go top