MONOSWEZI / MONOSWEZI YANGA


Monoswezi-Yangaアフリカ+スカンディナヴィアン・ジャズ+ミニマル・ミュージックが再び!親指ピアノを中心にした独自のサウンドがさらに深化した! モザンビーク(Mo)、ノルウェー(No)、スウェーデン(Swe)、ジンバブウェ(Zi)という、メンバーの出身国の頭文字を取って付けられたグループ名を持つモノスウェージが、2013年の『ザ・ヴィレッジ』以来2年ぶりの新作を発表した。ジンバブウェ出身のホープ・マシケ!! が奏でるンビーラ(大型親指ピアノ)と美しい歌声を中心に、北欧のジャズとミニマル・ミュージックの要素をアレンジの糧とした、なんとも斬新な融合音楽を作り出した。アフリカ音楽が持つ雄大さと、北欧音楽ならではの耽美性とが絶妙の混じりあった新感覚のリラクゼーション・ミュージックだ! (サプライヤーインフォより)
久しぶりにホープ・マシケの歌声が聴けました!本人名義新譜はまだなんでしょうか?というようなことはともかく、マシケのムビーラ弾き語りを軸に、北欧ジャズらしい透明な余韻をひく演奏の中、親指ピアノの繊細さが十分に伝わる内容です。

トラックリスト
1. イントロ
2. ポヴォ・ン・ポヴォ
3. ンビーラ・ヤンガ
4. マターチャ
5. ワダディサ
6. ナク・シュヴァ
7. ロボラ
8. ダンデ
9. モンドロ
10. ネテンボ

go top