ANDREI FURLAN / DIA DE CASA

トゥリッパ・ルイズあたりに曲を提供していたそうです。サンパウロのSSWアンドレイ・フルランの2014年作〜プロデュースはグスタヴォ・ルイス、ということで、アコーストックかつ適度にエレクトロ、アヴァンなPOPマナーが楽しめるY-BRASIL らしい作品です。

続きを読む>

VANESSA MORENO & FI MAROSTICA / VEM VER

★ヴァネッサ・モレーノ&フィ・マロスティカ / ヴェン・ヴェール 女性ヴォーカルと男性ベース奏者。 優美で滑らかな空気を醸し出す奇跡のデュオが、 ブラジル・サンパウロの音楽シーン “ノヴォス・コンポジトーレス”(新しい作曲家達)から登場。 (以上、国内盤オビより)

続きを読む>

CACA MACHADO / ESLAVOSAMBA

自由な感覚で”サンバ”を解体、サンパウロらしいオルタナティヴな感覚でロック仕立てで楽しませるカカ・マシャドの2013年作です!Elza Soares, Romulo Froes, Jucara Marcal, Na Ozzetti, Ze Miguel Wisnik, Arrigo Barnabe, 〜という豪華なゲストの面々が参加〜 …

続きを読む>

SINAMANTES

サンパウロのカヴァー・ポップ・バンド – Tp4 (trash pour 4) で活躍したリズム隊女子ふたり(&新世代のショーロ・インストゥルメンタル・グループ =クアトロ・ア・ゼロのベース奏者ダニロ・ペンテアード(つきあいで?スカートはいてジャケで寝そべっています)で結成されたのがこのシナマンテス!2010年の5曲入ep 発表以降、レコーディン …

続きを読む>

BARBARA EUGENIA / E O QUE TEMOS

ちょっとハスキーでアンニュイな発声、変な浮遊感が漂ってますが、なんかPOPですね。ローファイでガレージっぽい演奏も投げやりな感じがしますが、結構、計算尽くなんでしょうね。これで2作目、1980年生まれの33歳、イイ感じです。PVはちょっとシネマ・ノーヴォ入ってます…? ▽全部聴けます… http://www.youtube.com/w …

続きを読む>

TULIPA RUIZ / EFEMERA

サンパウロ新世代ブラジル音楽/ポップ・フロレスタル=サンパウロ・アンダーグラウンド・シーンから女性シンガー、 トゥリッパ・ルイズ登場!TP4 のメンバー/ギタリスト=グスタヴォ・ルイズ(トゥリッパの兄)がプロデュース。隙間だらけのトレモロ・エレキギター・バンド、ローファイなシンセ音、マルシャのリズム、時にブラスも聞こえるバッキングに、ややキンキンしたヴォーカ …

続きを読む>

GERMANO MATHIAS / RAIZ E TRADICAO

かつてジルベルト・ジルとの共演作も発表したことのあるジェルマーノ・マチアスは、サンパウロを拠点に活躍した男性サンバ歌手。現在78歳の長老ながら、元気いっぱいの新作を発表してくれました。 >>毎度、無断リンクすみません!

続きを読む>

BLUBELL / EU SOU DO TEMPO EM QUE A GENTE SE TELEFONAVA

ファンキ・コモ・ル・ゲスタ出身ながら、コケティッシュな発声でジャズ&ボードヴィル・マナーのヴォーカルを聞かせるサンパウロ女性歌手セカンド新作です!ピアノ&ブラシ・ドラム&コントラバスに加えて、ハモンド、アナログシンセ、アコーディオン等が彩をそえ、トリップホップ以降のモードを踏襲しつつ、ラテン、ロック、ジャズを涼しげに横断するユニークな音楽性!ジャケもイイ感じ …

続きを読む>

go top