MALKIT SINGH / KING OF BHANGRA

バングラのスーパー・スターのアナログ!  バングラとは元々インドとパキスタンの国境付近に広がるパンジャーブ地方発祥の民謡・舞踊を指しますが、パンジャービーMCが登場した1980年代後半以降、イギリスを拠点としたクラブ・ミュージックとして発展を遂げ、いまに繋がっています。マルキット・シンは1963年にパンジャーブ州のジャーランダル地区で生まれ、1984年よりイ …

続きを読む>

RED BARAAT / SOUND THE PEOPLE

祝祭色豊かな音楽性を持つインド系人気ブラス・バンドがさらに進化! 〈バングラ・ファンク&ドールンブラス〉という突飛なスタイルを作り出し、ブラス・ミュージックだけでなくバングラ、そしてインド映画音楽などにも興味を持つ音楽ファンを引き付けたブルックリン出身のインディアン・ブラス・バンド、レッド・バラートが5枚目として発表した2018年作がこれだ。インド・パンジャ …

続きを読む>

BOLLYWOOD BRASS BAND FEAT. JYOTSNA SRIKANTH / CARNATIC CONNECTION

★ボリウッド・ブラス・バンド feat.ジョートサナ・シュリーカーント/カルナティック・コネクション ファンキーなブラス・バンドと古典系ヴァイオリニストがタッグを組み、インド映画の名曲を演奏する! 1991年に結成、インド映画の代名詞ボリウッドをバンド名に冠したブラス・バンド〈ボリウッド・ブラス・バンド〉が5年ぶりに新作を発表した。これまでボリウッドの名曲を …

続きを読む>

DAVUT GULOGLU / KATULA KATULA

トルコの黒海地方リゼ出身の男性歌手ダウード・ギュロウールの2003年大ヒット作初入荷です。13年も前の作品ですが、今聞いても衝撃の内容です。というのも表題曲は黒海のダンス音楽ホロンをバングラに! 2003年と言えばちょうどパンジャビMCの「奴らに気をつけろ!」が大ヒットした翌年です。あの曲の節回しをそのままトルコ〜黒海風に歌い、唯一無二のバングラホロンに仕上 …

続きを読む>

BOMBAY ROCKERS / INTRODUCING…

ボンベイ・ロッカーズはスカンジナビアのプロデューサー・チーム=WCAが中心となって結成/インド系のナフとデンマーク人のトーマスの二人をヴォーカリストに据えたユニークなポップ・ユニット。デンマークのクラブ・シーンを中心に高い評判を呼んだ彼らのデビュー作がこれ。バングラ・ビートやヒップホップをベースに、ヒンディ語と英語の歌詞を掛け合いで披露。そしてバンスリーやシ …

続きを読む>

TIGERSTYLE / MYSTICS, MARTYRS & MAHARAJAS

UKバングラの老舗レーベル@バーミンガム、ナチュラル・レコーズのトップユニット、グラスゴーのパンジャビー・コミュニティーから生まれた、DJ&リミキサー&アレンジャー・チーム / タイガースタイル2009年作!〜AMRIK BABBAL, BIKRAM SINGH, MISS RIMPI, KANWAR, GUNJAN, REGHAV, BIKRAM …

続きを読む>

RAB & SAHARA / SAATHI (ALL TOGETHER), TSUNAMI DISASTER APPEAL

30万人以上の死者行方不明者を出したスマトラ島沖地震、そのチャリティーのためにUKバングラ、ドールン・ベースの雄リズム・ドール・ベースが盟友サハラと組んだ2曲入りシングルを発表しました。まあ通常のバングラで、どこがチャリティ仕様なのかわかりませんが、意義ある動きです。

続きを読む>

V.A. / BHANGRA GROOVE 100

奇跡の再入荷ですよ!で、今聴いて、新鮮かどうかは別として、なんかやっぱり圧倒されるわけですね、バングラ全盛期00年代のヒットナンバー100曲! だからって、どーすんだよ、って感じもしますが、1日中コレ鳴らしておけば、南アジアでスパイシー&エキゾで、ちょっとおバカでオシャレじゃない雰囲気満点のBGMになること請け合い!って、請け合ってドーする?が、しかし、自宅 …

続きを読む>

SHAMUR / SHARDANA

イタリア人プロデューサー兼DJとサルディーニャ人女性、そしてインド系バングラ男性歌手を加えたエイジアン・マッシヴのユニット!ギリシャ、イタリアでのブレイクの後、UKからワールドワイドデビューしました~本作はそのインド盤です。インド~オリエンタル趣味のR&B。UK産、インド産とも違うネットリしたビート、誰も知らないセクシーな曲で踊りたいベリーダンサー向きですね …

続きを読む>

PANJABI MC / INDIAN TIMING

バングラ界のリーディング・ヒッター=パンジャビーMC、久々の新作となった2009年作再入荷です。なんというか、かなりシンプル&フォークロアなトラックがイイじゃないですか!?デシっぽい重低音ベースや、ヘヴィーな打ち込みを排し、マンドリン&ドーラックといったバングラならではのローカルなアンサンブルに、遊芸バウルなんかにも使われるドゥブキみたいな旋律太鼓(ウォータ …

続きを読む>

DAVID STARFIRE / BOLLYHOOD BASS

ボンベイ・ダブ・オーケストラ、カーシュ・カーレイ、ミディヴァル・パンディッツなどインド音楽と邂逅したグローバル・ビーツ の人気アーティストを多く輩出してきたシックス・ディグリーズ・レコードからまた才気溢れる強力アーティストが登場!シタール・ラーガ・ロック、ハードコアなダブ・ステップ、バングラ・ブレイクビーツ、そ してビートルズ「ヘイ・ジュード」のカヴァーまで …

続きを読む>

THE DHOL FOUNDATION / DRUM STRUCK

パンジャビーな両面太鼓=ドール一直線!ドール・ファウンデーション、既に4作目ですよ。オフィシャルVIDEOのあまりにもC調なかっこよさにつられての入荷と相成りました。バングラのみならず、砂漠のブルース?ロックンロールなデシやバイリファンキ&サンバ、どころか、アイリッシュなドール演奏までに挑戦している意欲作!とにかくあっけらかんと、いろんなことをやりながらも、 …

続きを読む>

V.A. / PUMP UP THE BHANGRA , 22 BIGGEST PUNJABI HITS !

インドとパキスタンの間にまたがるパンジャーブ州に息づく民謡やダンスを意味したバングラですが、80年代以降UKの南アジア系コミュニティにてクラブ・ミュージック(バングラ・ビート)として大きく発展し、幅広いファンを獲得しました。あれから四半世紀を過ぎた今も、もちろんバングラは健在!UKのみならずインドやパキスタン、あるいは北米~カナダにも飛び火しガッツある大太鼓 …

続きを読む>

RED BARAAT / CHAAL BABY

インド・パンジャーブ地方出身の両親を持ち、ニューヨークで生まれ育ったドラマー/パーカッショニストを中心に2008年に結成されたレッド・バラートは、〈バングラ・ファンク〉を標榜するブラス・バンド!そのユニークさでデビュー当初より多くの米国メディアに取り上げられ、ドールと呼ばれるインド産のパーカッションから紡ぎだされるリズムを背骨に、ドラムズやその他のパーカッシ …

続きを読む>

SUKSHINDER SHINDA / JADOO

ジャドーって、つい“ライト・ヘヴィーの邪道”を思い出してしまいましたが“マジック”という意味だそうで、タイガー・ジェット・シンに顔が似ているからって、やっぱりプロレスには関係ないようで、~意外にもスウィート&メロウなハイトーン・ヴォイスでバングラ発展を推し進めるシルキーなパンジャビー・ガイ=スクシンドル・シンダだったわけですね!DnBあり、レゲトンあり、テク …

続きを読む>

go top