OYA ERGUN / SEVGILIM

  アゼルバイジャンのラヴ・ソング! イスタンブル生まれのオヤ・エルギュンはややオペラ〜クラシック風の歌い方をする女性歌手。基本的にはハルク風のポップスを歌う彼女、本作の副題に「アゼルバイジャンからのラヴ・ソングズ」とあるように、ここでは西アジアの国アゼルバイジャンの曲をクラシカルな歌声で聴かせるといった内容。その正確なピッチとヴィブラートからは、 …

続きを読む>

ALIM QASIMOV / MUSIC FROM AZERBAIJAN, Tasnifs

1957年生まれのアゼルバイジャンの国宝級歌手であるアリム・ガスモフの超絶歌唱を録音した古典声楽ムガーム集です。1999年にユネスコ音楽賞を受賞したアリムは、2007年にNHKの「新・シルクロード/激動の大地を行く」テーマソングでその素晴らしい歌声を日本にも知らしめ、翌2008年には来日公演も果たした、ワールド・ミュージック・ファンには、お馴染みの歌手です。 …

続きを読む>

ALIM QASIMOV / MUSIC OF AZERBAIJAN, Songs & Vocals

Vocal & Daf: Alim Qasimov Tar: Malik Mansurov Kamanche: Eshan Mansurov 1957年生まれのアゼルバイジャンの国宝級歌手であるアリム・ガスモフの超絶歌唱を録音した古典声楽ムガーム集です。オコラ盤と同じ写真を使っていますが、内容は別物です。1999年にユネスコ音楽賞を受賞したアリムは、 …

続きを読む>

KAYHAN KALHOR, AYNUR, SALMAN GAMBAROV, CEMIL QOCGIRI / HAWNIYAZ

クルド音楽とペルシャ音楽、アゼリーのムガーム・ジャズの共存! イランを代表するケマンチェ奏者カイハン・カルホールが、トルコのクルド人女性歌手アイヌール、タンブール奏者のジェミル・コチグリ、アゼルバイジャン人ピアニストのサルマーン・ガンバロフとドイツのオスナブルックの音楽祭で共演したアルバム。 カイハン・カルホールの圧倒的な演奏、アイヌールの壮絶な歌声が同時に …

続きを読む>

V.A. / GREAT SINGERS OF THE REPUBLIC OF AZERBAIJAN 1915-1960

久々再入荷しました!>こちらで紹介されています。というわけで、やっとのことで、アゼルバイジャンの古典音楽 / 声楽、ムガームの歴史的音源をまとまった形で聴くことができるわけです。その現在のムガームの名人、アリム・ガスモフが忽然と登場したときには、よくぞソヴィエト70年の全体主義的統治をかいくぐり、この歌声、歌唱スタイルが生き続けていたものだ、と、感慨深いもの …

続きを読む>

ALIM QASIMOV / AZERBAIJAN, THE ART OF THE MUGAM

>★ 近年の北米フォークウェイズからのCDリリース、そして来日公演もあり、ここ日本でも注目度が俄然高まっていますが、このオコラが原点と言えるでしょうか。アゼルバイジャン古典音楽を代表する男性歌手が97年にオコラに残した名演が再配給となっています!とにかく即興とコブシに酔いしれてください。アゼリばかりでなく、イランの人々からも敬愛されているそうです。というか、 …

続きを読む>

SEVDA / GUL ACDI, A FLOWER IN BLOOM

当地では「カスピ海のビリー・ホリデイ」とも評されるアゼルバイジャンの美人人気歌手セヴダの世界デビュー作。アリム・ガズモフで知られるアゼルバイジャンの伝統歌謡「ムガーム」とジャズヴォーカル、二つの影響を受けた彼女ならではの独特のアルバムです。セヴァラ・ナザルカンがスティーブ・ティベッツとベン・ワットをシアが得て歌っているような透明感。知られざるカスピ海音楽です …

続きを読む>

MALIK MANSUROV, AGHA KARIM, MARC LOOPUYT, NATIG SHIRINOV / AZERBAIJAN, SONGS OF THE GREATER CAUCASUS

 現在も続々と民俗音楽の新録をリリースしている仏ブッダ社。その中にはブッダ社しか手を付けていない貴重な地域のものも含まれているから、民俗音楽ファンは見逃せないところだろう。本盤はそんなブッダ社の最大のコレクションである<ミュージック・フロム・ザ・ワールド>からの一枚。 アゼルバイジャンはイランに隣接しているだけあって、その伝統歌謡<ムガーム …

続きを読む>

ALIM QASIMOV / LOVE’S DEEP OCEAN

☆アリム・ガスモフ / アゼルバイジャンの魂 “アリム・ガスモフ”だそうですが、長年“カシモフ”と呼んで来たので、なんかピンと来ませんが、まあ、ガスモフなんでしょう…。カスピ海沿岸の国、アゼルバイジャンが生んだ奇跡の声の持ち主、1996年のオコラ盤とともに名高い2000年リリースのネットワーク盤が、とうとう国内リリースされました。冒頭、故ヌスラッ …

続きを読む>

RAMIZ GULIYEV / DIALOGUES WITH THE TAR

アゼルバイジャンのタール奏者、ラミーズ・クリーエフのインスト演奏集。タールはイラン、アゼルバイジャン、グルジア、アルメニアその他のカフカース地方で見られる長いネックのリュート属の楽器で、桑の木を切り分けて2つの椀をあわせたユニークな形をしており、胸の位置に抱えて演奏されます。ラミーズ・クリーエフはアゼルバイジャンのタール奏者のなかでも名手と呼ばれる人物。本作 …

続きを読む>

V.A. / RHYTHM OF AZERBAIJANI DANCES

カスピ海西南岸に位置し、ロシア、グルジア、アルメニア、イランと国境を接しているアゼルバイジャンで、結婚式などお祝いの席で披露される民俗舞踊の音楽集です。古くは宮廷お抱えの踊り手、演奏家が披露していたという高貴なもののようです。使用される楽器もアゼルバイジャン、イランその他のカフカース地方で見られる桑の木を切り分けて2つの椀をあわせた型をしたタール(Tar) …

続きを読む>

ALIM & FERGANA QASIMOV / INTIMATE DIALOGUE

アゼルバイジャンの至宝~ヌスラット亡き後、イスラム圏最高の伝統歌謡の担い手ともされるアリム・カシモフの新作です。2009年8月ドイツでのライヴ録音~アゼリ現地古典歌謡のムガームを、いつものように愛娘フェルガナとともに掛け合いも見せながら、ケマンチェ、タールといった弦楽器の伴奏で歌い綴ります。常よりも淡々とした歌唱とも聞こえますが、タハリール的なしなやかに震え …

続きを読む>

FILM by FRANK SCHEFFER AND GUNTER WALLBRECHT / EASTERN VOICES, MORGENLAND FESTIVAL OSNABRUK presents

2009年に北ドイツはオスナブリュックで行われた音楽祭のLIVE 映像61分 / ドキュメンタリー映像49分から成るDVDです。出演者はアゼルバイジャンのアリム&ファルガナ・カシモフとそのアンサンブル / イラン~男性歌手のサラル・アギリ&ダフ奏者、ハリル・シャリアツァデーのデュオ/ウズベキスタンの女性歌手、ユルドゥス・トルディーバとそのアンサンブル等~とい …

続きを読む>

go top