BONGA / BEST OF

アンゴラの国民的人気SSW、ボンガのベストCDです。 1970年代初めから30枚のアルバムをリリース、 センバ、キゾンバといったアンゴラの音楽に、 ラテンやフォークの感覚をミックスしたその音楽性、 濃いサウダージ漂うの声をお楽しみ下さい! △すべて聴けます。

続きを読む>

RICARDO LEVMO & MAKINA LOCA / LA RUMBA SOYO

▼リカルド・レンヴォ&マキーナ・ロカ/ラ・ルンバ・ソヨ アンゴーラ音楽/コンゴ風ルンバから、アフロ・キューバンまで! 在米アフリカ人音楽家リカルド・レンヴォによるトロピカル・ミュージック! リカルド・レンヴォはアンゴーラ北部の都市ンバンザ・コンゴの生まれ。コンゴ風ルンバやアフロ・キューバン、ソウル・ミュージックなどを愛した彼は15歳で渡米し、その後ロサンジェ …

続きを読む>

V.A. / ANGOLA SOUNDTRACK , The Unique Sound Of Luanda 1968-76

★昨今のアンゴラ・ブーム?乗って再入荷!コレ、CD1枚単体としてはサイコーの選曲となるアンゴラ入門盤ですよ! アフリカのレアなファンキー・サウンドを発掘してきたドイツのレーベル、アナログ・アフリカ最新作!もっとも希少価値の高いアンゴーラの60~70年代音 源のコンピレーションですね。75年に独立を果たした後も内戦が続き、近年までその音楽シーンがあまり知られず …

続きを読む>

V.A. / ANGOLA SOUNDTRACK 2 – HYPNOSIS, DISTORTIONS & OTHER SONIC INNOVATIONS 1969-1978

アフリカのレアなファンキー・サウンドを発掘してきたアナログ・アフリカから、大好評だった、アンゴーラの 60~70年代音源のコンピレイションの第2弾めが登場だ。75年に独立を果たした後も内戦が続き、近年までその音楽シーンはほとんど知られずにきた同国 だが、かつては様々な音楽の要素が混じり合ったダンス・ミュージックが花盛りだった。そのことを証明してくれるのがこの …

続きを読む>

V.A. / SOUL OF ANGOLA, Anthologie de la Musique Angolaise 1965-1975

1965〜75年アンゴラ・ポピュラー音楽を集めた2CD。アンゴラの主流POPとなって行く “センバ” と呼ばれるジャンルの初期形態かと思います。ただ、マイナーなコード展開が好まれはするものの、後年のそれと較べると、サウダーデ、というよりも、アフロ・キューバンやソウルの影響が感じられる活き活きとしたリズムと歌のコンビネーションをストレートに表現したタイプの曲が …

続きを読む>

V.A. / ANGOLA VOL.1~5

▽向かって左から右へ〜 *V.A. / ANGOLA 60’s -1956-1970 再入荷待ち *V.A. / ANGOLA 70’s -1972-1973   再入荷待ち *V.A. / ANGOLA 70’s -1974-1978  再入荷! *V.A. / ANGOLA 80’s -1978-1990 …

続きを読む>

BONGA / HORA KOTA

以前ラジオで、アンゴラの音楽の代表の一人として、ボンガを紹介した時の台本原稿を以下に〜 アンゴラは、アフリカ南西部に位置する大西洋に面した国です。人口は約2千万、15世紀に植民地となってから以降、1975年に独立するまでポルトガルの海外州だったので、公用語はポルトガル語です。 ただし、独立戦争後も長らく内戦が続き、その傷跡は今も多く残るとされる地雷に象徴され …

続きを読む>

V. A. / BAZZERK

80年代後半から活動するパリのハウス系 DJデュオ= “Jess & Crabbe” によるクドゥロ・ニュートラックス / ニューミックス2CD編集盤!アンゴラ発エレクトロAFROダンス=クドゥロはまだまだ続きます。~よりタイトでハイパー、よりテクノデリックなアフロ音楽に変貌しつつある最新 / 現在形クドゥロが全27曲ぎっしり …

続きを読む>

YAMI / ALOELELA

アフリカ音楽からブラジル/カーボ・ヴェルデ音楽、POP&JAZZまで、幅広いサウンドを体現する男性歌手/ベーシスト/ギタリストが登場!ヤミは、かつてポルトガルの植民地であったアフリカ南西部の国アンゴラの生まれ。幼少の頃にリスボンへ移住するも、母から教わったアンゴラの文化を忘れず、オリジナルなミクスチャー・サウンドを作りあげるています。そんな彼が2007年に発 …

続きを読む>

LULENDO / ANGOLA

アンゴラ出身~パリ在住のアーティスト=ルーレンドーのセカンド、アンゴラならではのサウダーデ、あるいは、故郷を離れて暮らしているからのサウダーデを感じさせもする1枚でしょうね、やっぱり。アコースティック・センバに映える高音行き歌声〜ジョン・ヘリウェル(ex スーパー・トランプ)、マジック・マリック、クロード・サマール(ex オクナ・ツァン・ザム)等が参加してい …

続きを読む>

go top