COMPAGNIE RASSEGNA / QUI VIVE ! 


ラ・コンパニー・ラセーニャはこれまでアルバムをBUDAやPLAYA SOUNDから発表してきた、マルセイユを拠点とする9人のミクスチャー・トラッド・グループです。2007年作では、各地のコブシを効かせたヴォーカルのアンサンブルを中心に聴かせていましたが、今作は、現代的なノイズやDJ的な手法も取り入れながら、新たなミクスチャー・トラッド・サウンドを模索しています。楽器はこれまた前作とは違い、ギター、ベース、フルート、パーカッションにクスクラッチと、オーソドックスな編成ながら、新しくミクスチャーな地中海トラッドを提示しています。しかしながら、前作同様イタリアのNCCPの現代版~拡大版のようなおもむきもあり、興味深いです。(サプライヤーインフォより)

1. Oh non !
2. A la fin cette bergère
3. Augellin
4. Se l’aura spira
5. Zefiro torna
6. Ground upon la mi ré
7. Yo soy la locura
8. Che si puo fare
9. Mantovana
10. Comme un écho
11. Epic first
12. Dido’s lament
13. Le sort me fait souffrir
14. Hor ch’é tempo di dormire
15. Pizzica Taranta
16. Ici, mon désir est ma loi

Bruno Allary : artistic direction, guitars, vocal
L.Atipik : vinyl scratching
Nolwenn Le Guern : viola, bass guitar
Clémence Niclas : vocal, flutes
Carina Salvado : vocal, percussions

go top