ESMA / ZOSTO SI ME MAJKO RODILA, ROMANO HORO


ジャケも素晴らしい!
マケドニア(旧ユーゴ)のジプシー・クィーン、
もとい、スコピエの都はるみ!?
エスマの若き日々、1960年代の
Jugoton レーベル・シングル録音
2CDコレクション! 再入荷です。
やっぱりマケドニア、この歌謡性がいいんですよねえ!
>こちらでも紹介されています(陳謝&感謝!)

11歳からスコピエ地元のロマの歌舞団で歌い始めたというエスマ・レジェポヴァ(1943-2016)、本2CD収録曲を吹き込んだ1960年代には、ハイティーンから20代にかけてというお年頃。が、当時、生涯の音楽パートナーであり伴侶だったステヴォ・テオドシェフスキ(1924-1997)とは、既に19歳!年の差結婚しています。
元トラック運転手でカメラマン、そして流しのアコーディオンを弾きであり、音楽理論を個人教授で学んだ後、ラジオ・スコピエの歌謡コンクールでアコーディオンを弾くようになっていたテオドシェフスキでしたが、その1957年のコンクールに14歳で出場、ぶっちぎりの優勝をかっさらったエスマと出会います。エスマの才能に惚れ込んだテオドシェフスキは、彼女の両親の同意を得てロマの巡業楽団、アンサンブル・テオドシェフスキを結成、マケドニアのみならずバルカン全域をツアーしてまわり、広く人気を得ることに。
このベオグラード育ちのテオドシェフスキもロマの出自を持っていましたが、エスマとの結婚生活の間、ミュージック・スクールを経営し、47人の養子を育てたという慈善家でもあり、その辺、テオドシェフスキ亡き後、エスマが受け継ぐことになるわけですね。…というようなことは余談ですが、不思議なのは、後年のいかにもジプシーっぽい、ロマニしているディープなエスマの歌声と、この60年代のシングル集で聞ける、まるで、声変わりする前の男の子のような(ロマっぽい節まわしの上澄みを掬ったような歌いまわし?の)、その歌声の差はいかに? ま、歳取って声変わりしたのかも知れませんが?? それにしても、バックのアンサンブルのPOPさも特筆ものですよね。って、まあ、だいたいのところ60〜70年代あたりのロマ歌謡はPOPな側面が強かったように聞こえますが。それに、おそらく、エスマ&アンサンブル・テオドシェフスキの巡業の聞き手は、ロマに限られていたわけでもなかったでしょうから、音楽的な素養のあったテオドシェフスキが、さまざまなバルカンの音楽、あるいは外来の音楽スタイルを意識的に取り入れていたとも考えられます。
一つ考えられることは、社会主義ユーゴスラビア成立後も、“国民” として認知されていなかったロマの人々が、市民権を得ようとする運動し始めたのが1970年前後、74年には市民権を得ることになり、その過程でロマの人々はロマとしてのアイデンティティに目覚めることにもなり、その辺をターニングポイントに、よりロマらしく音楽を演じるという気運もあったかも知れませんね。加えて、00年前後からの世界的なバルカン・ビート&バルカン・ブラスの流行、ジプシー音楽ブームが、そうした傾向に拍車をかけたかも知れません。
と、そう気づいてみれば、今となっては、この1960年代のバルカン巡業の合間にスコピエで吹き込まれたシングル録音群の親しみやすさ、POPさ、リズムの多彩さ、西欧内非西欧歌謡曲の面白味もキッチリ伝えてくれるマケドニアのロマの音楽性、やっぱり、より一層、得難いものと感じられるわけです。

CD1:
01.Zošto si me majko rodila
02.Kolku e mačno, em žalno
03.Praša li timke majka ti
04.Site devojčinja mamo se mažija
05.Davaj bre čičo, davaj
06.Odžačar, odžačar
07.Ciganka je malena
08.Na Struga dućan da imam
09.Ajde, mome Stojne, da begame
10.Biljana platno beleše
11.Ajde, slušaj kaleš bre Anđo
12.Devojčence ke ti kupam fustan
13.Na srce mi leži, mila mamo
14.Tuđinata pusta da ostane
15.Za tebe, zemljo moja
16.Devojka i pesna
17.Ako želiš dobar san
18.Pjesma šeher Sarajevu
19.Makedo

CD2:
01.Romano horo
02.Dikljum odoja čaja
03.Ah, devla
04.Save rat daje me pirava
05.Henamike
06.Jalanđi čoban
07.Abre Ramče
08.Meda sijum ternori
09.Abre babi sokerdžan
10.Čaje šukarije
11.Hairi mate dike daje
12.Hava nagilah
13.Esma kiri gili
14.Oketano nano odoja čaj
15.Ajde mančar čaje
16.opa nina, nina naj
17.Bojate bane buski
18.Nino, nino
19.K’zum seni Alija
20.Trudovanko marela
21.O avduši bašalela
22.Akšam olur
23.Buda dikljum

go top