ONO SULARNA, ENIP SUKANDA / JAVA, PAYS SUNDA, L’Art du Gamelan Degung


『インドネシア、スンダ列島のガムラン・ドゥグン』

ガムラン・ドゥグン(リーダー:オノ・スカルナ)チャトリック(弟子)/サンク・ラトゥ(王の剣)/ララヤラン(帆船での遊覧)/ レンゴン・ブユット(禁じられた踊り)/パジャジャラン(古代ヒンドゥー王国の名)ガムラン・ドゥグン(リーダー:エニップ・スカンダ) ジパン・ロンタン(王族の踊りの身振り)/レンセル・ミダン(宮廷の衣裳で着飾った、人々の代表者)/ プルバサカ(舞踊を伴う劇音楽)/ジパン・パルワ(人物の名)/ マヤ・セラス(異国の美しき乙女の名)/ウジュン・ラウト(海辺)/カラン・ウルン(魔法の岩山) 録音:1972-73年

〜インドネシアのなかでも、ジャワ島西部スンダ地方はパジャジャランというヒンズーの王国が存在しました。16世紀以降イスラム化されましたが、大規模なガムラン・オーケストラを現在まで存続させています。この録音は1972-3年に行われましたが、まだ当時は最も偉大な古典の継承者が存命で、外部の美的影響を被ることなく最古の伝統を体現した貴重なもの。45年を経ていますが、精緻な響きと驚くべきエネルギーに圧倒されます。(サプライヤーインフォより)>★

go top