V.A. / LAGU-LAGU MELAYU NOSTALGIA, Malaysian Vintage Music in the early 60’s


Upit1950年代末から60年代前半にかけて、マレイシア(&シンガポール)音楽の一つのエポックと言ってもいい “ムラユー・ラテン”とか、 “ムラユー・ジャズ”とか、”ムラユー・エキゾ”とでも呼ぶべき一群の外来音楽消化歌謡ナンバー〜全26曲をチョイス収録した “POLKA DOT DISC” の新作CDRです!もちろん、こちら>MUSICLAND盤 のムラユー復刻CDシリーズとは1曲も重なっていません。多くはシングル盤〜そしてそのシングルを編集した当時リリースの10inch-LPからの選曲ということで、実に時代の雰囲気をヴァラエティに富んだムードで楽しませてくれて、そして、そこに一貫したマレイ / ムラユー的歌唱の感性というものをキッチリ楽しませてくれる曲ばかりです!
チャチャチャやマンボ、グァラーチャ、ボレーロ、タンゴ、バイヨンといったラテン系に、当時の日本や中国の歌謡曲を模した風のオリエンタルなエキゾナンバー、ジャズソングやスウィングやロカバラード、ドゥーワップ風、ドドンパも!加えて、ナポリターノやアラブ系のPOPを下敷きにした風の曲、あるいはそうした多彩な外来音楽の接ぎ木スタイルやミックスチュアーも平然とあったりして、これを自由と言わずに何を音楽的自由と呼びましょう、というそんな感じの曲の並び。そこに、ストレートなマレイ / ムラユー的な哀愁、哀切感をアピールするボレーロやバラードはもちろん、アップ、ミディアムな楽しげ気な曲想においても、曲によっては隠し味っぽくマレイ的旋律をたどる歌い口に哀愁感がジワ〜っと滲み出して来たりもして、もうその辺の感じがたまらないわけですね!
そして、歌うはザハラ・アグスやアブドーラ・チック、ノナ・アシア、レナ・アブドゥーラ、ジュリアといった有名歌手から、トレス・アミーゴスやアヅミ、マリンド・トリオ、サルビアといったあまり聞いたことない名前も並びつつの17アーティスト、そのヴァラエティに富んだ歌い口が多彩な演奏と相まって、まったくもって飽かせません。もちろん、強くオススメしますよー!

go top