LES AMBASSADEURS DU MOTEL DE BAMAKO


★レ・アンバサドゥール・ドゥ・モテール・ド・バマコ/マリのスーパー・グループ 1975-1977
ambassadeurs-motel-de-bamako2cdマリの国営バンド、1970年結成のレイル・バンドを3年でやめて、サリフ・ケイタが移籍したバンドこそ、このレ・アンバサドゥール・ドゥ・モテール・ド・バマコ。これまで数々のアフリカ音楽ヴィンテージを復刻リリースしてきたUKスターンズの新譜です。1969年結成、ギニア出身のギタリスト、カンテ・マンフィーラが率いたアンバサドゥールですが、ほか歴代、キーボードにイドリッサ・スマロオ、シェイク・ティジャヌ・セック、ヴォーカルにモリ・カンテ(ヴォーカル&バラフォン)、バラフォンのケレティギ・ジャバテも、そしてウスマン・クヤーテともう一人のギタリスト、現アマドゥ&ミリアムのアマドゥ・バガヨコといった大物たちを擁したアンバサドゥールの未CD化音源(LP, EP & Radio Recordings)を2枚組にまとめています。
伸びやかなホーンズ、煌びやかなギター、そしてオルガン、パーカション群のアンサンブルに、時にバラフォンも加わって、早々とキューバ音楽の影響から脱しながら、しだいにマンデ系の音楽性を色濃くする演奏の中、グリオならずもグリオならではの中空を舞うような歌声を聞かせてくれるサリフ・ケイタの歌がまず素晴らしいわけですが、しだいに、北米R&B色も加味したりしつつ、マンデPOPのフォーマットを作って行くアンバサドゥールの、正直なところ、ライヴァル、レイルバンドにも勝っていると聞こえるその芳醇な音楽性が、キッチリ伝わってくる1970年代半ばの録音群、これはやっぱり必聴でしょう!



(以下、メーカーインフォより)

サリフ・ケイタが国際舞台への足がかりにした熱気うずまくバンドの決定的編集盤!
古くは、西アフリカで最初に国営レーベルをおこして自国の大衆音楽を生み出したギネア音楽の編集盤『オタンティシテ~ザ・シリフォン・イヤーズ』(ライス SAR-3807)や、“アフリカ音楽の王様”フランコの決定的編集盤『フランコフォニック 第1集』(同 SAR-3604)、若き日のユッスーがこれ以上なく味わえるユッスー・ンドゥール&エトワール・ド・ダカール『ンバラの誕生 1979-1981』(同 SAR-3210)、ギネアが生んだ史上最高のグリオー、ソリ・カンジャ・クヤーテの『アフリカの声』(同 SAR-3214)などなど、アフリカ音楽史における最重要アーティストたちのこれ以上ない編集盤をリリースしてきたスターンズから、またまた最高の編集盤が登場しました!
レ・アンバサドゥール・ドゥ・モテール・ド・バマコは、サリフ・ケイタが国際舞台に羽ばたく足がかりにしたバンド。ファンならだれしもご存じですが、サリフは音楽一家に生まれたわけではなく、当時としては異例なことに、王族の家系に生まれながらにして音楽の道に進んだのでした。しかしそれでも当初はホームレスのような生活をしてたところをスカウトされ、まずはマリの首都バマコの公営バンドである「レイル・バンド」のヴォーカルとして注目を集めました。当時のバマコはヨーロッパやアラブからも人々が集まる国際都市で、その看板となるバンドがレイル・バンドだったのです。その10年強におよぶ同バンド録音はやはりスターンズから2CD×3セットという特大のヴォリュ-ムで復刻されていますが、サリフが入っていたのは最初の3年間だけ。73年に脱退してライヴァルであった、このレ・アンバサドゥール・ドゥ・モテール・ド・バマコに移籍したのです。
このバンドはギネア出身のギタリスト、カンテ・マンフィーラが率いましたが、この後、すぐにレ・アンバサドゥ-ル・アンテルナショノーに発展解消してしまうので、この名義では2年間だけの活動でした。しかし、3枚のアルバムといくつかのシングルはモダンでファンキーな曲も収録されているために現在でもアフリカン・レア・グルーヴ・ファン向けに7インチで復刻されたりしています。それだけでなく、このバンドはさまざななスタイルをパフォームしますが、なんといっても国際舞台に羽ばたく直前のバンド(名義)。まさにいま飛び立つぞ、という熱気が渦巻いています。しかも完全未発表曲を2つも収録! これまでのスターンズの編集盤同様に、アフリカ音楽ファンは必ず入手してください。

Disc 1 (feat. Salif Keita)
1. Bolola Sanou
2. Nagana
3. Saranfing
4. Wara
5. Djoula
6. N’Na
7. Mana Mana
8. Djandio
Disc 2
1. Mali Denou
2. M’Bouran – Mousso
3. Sabar
4. Tiecolom-ba
5. Ambassadeur
6. Ray M’Bote
7. Fatema
8. Radio Mali broadcast tape 1
9. Radio Mali broadcast tape 2

go top