ADAMA COULIBALLY / N’GONI FOLA


ADAMA-KANGAアダマ・クリバリー(1974年バマコ近郊生まれ)といえば、アリ・ファルカのツアーに参加したり、サリフ・ケイタの楽曲アレンジを担当したことでも知られていますが、そのサリフのプロデュースによる07年欧米デビュー・ソロ・アルバム “BABA” は当店で既に紹介させていただきました。が、その翌年にもこんな CD が出ていたとは知りませんでしたねえ…。マリの猟師達によって伝えられて来たという弦楽器、ドンソ・ンゴニの演奏者として有名なシビリ・サマケの一番 弟子だということで(このシビリ、KSKレコーズの企画制作中のマリ音楽ドキュメンタリー映画に出演とのこと)、現役最高のドンゾ・ンゴニ奏者の一人であ り、そのコラとカマレ・ンゴニの中間?のような、しなやかな弦の響きとマイク無しでもサバンナに遠くとおるような、しなやかな喉、ほぼソロ弾き語りアルバムながら味わいに満ちています。

△参考

go top