RANGO / BRIDE OF THE ZAR


rangoグナーワとヌビアン・ビートの中間みたいな音楽でしょうか…?既にして、その演奏者も存在しないと思われていた19世紀のヌビア~スーダンで盛んだったというバラフォン(木琴)=“ランゴ”、その最後のプレイヤー?ともされるハッサン・ベルガモンを中心に、いかにもナイル流域のアフロ・アラビックな感覚のパーカッション・アンサンブル、そしてヴァイタルなコール&レスポンスの歌を聞かせる~エジプトはカイロ在の伝統音楽グループによる新録!民間信仰から発したとされる伝承歌“ザール”やヌビア風の婚礼の祝い歌を、シムシミヤ(小型の琴)やタンブーラ、さらに空き缶シェイカーなどのパーカッション類を交えた祝祭的なサウンドでファンキーに聞かせてくれます。カイロのスラムに脈々と息づく、非イスラミックで多彩な民俗文化の存在を伝える充実作と言えるでしょう!

go top