V.A. / CLASSIC PRODUCTIONS BY SURIN PHAKSIRI 2, Molam Gems

★スリン・パークシリの仕事2:特選モーラム集1960s-80s

日本に細野晴臣、ジャマイカにソニア・ポッティンジャーやハーマン・チン・ロイがいるように、タイにはスリン・パークシリがいる。彼がプロデュースした現代モーラム(*)の宝物を詰めた世界初コンピレーション。

Soi48とエムのタイ音楽アーカイブ・シリーズ立ち上げ時から目標(野望)に掲げてきたスリン・パークシリのモーラム作品集で、シリーズ中、最大ボリュームでお届けするタイ・イサーン音楽のある意味、究極的なアルバムです。

パークシリはアンカナーン・クンチャイ「イサーン・ラム・プルーン」で、タイの伝統芸能と西洋ポップスを折衷し、タイ歌謡の方向を変えてしまったゲームチェンジャー的な革命児ですが、彼の生まれ育ったタイ東北地方イサーンの伝統的語り芸、モーラムの発展には人一倍の熱意と創意でとりくみました。 本作はレコードからカセットテープへと媒体が移っていく1970年代から80年代、パークシリが手がけた現代モーラム作品をコンパイルした、タイでもいまだ編纂されていない音源集です。この曲群が長らく手付かずだった理由は、彼が独立プロデューサーだったことと、作品のほとんどが7インチ・シングル盤で流通していたことにあります。

1曲単位の制作だったシングル盤時代からカセットテープ時代に入り、フォーマット上の要請で音源をより多く供給する必要がうまれ、多くのプロデューサー達は格式ある難しいモーラムの型を崩し、芸能技術の敷居を下げて対応しました。これが80年代のモーラム・ブームを駆動させましたが、パークシリの流儀は、芸能の型は崩さないかわりにサウンド(オケ、バンド演奏)で革新を追求することにあり、新旧・有名無名のモーラム達を相手に音楽的バリエーションを生み出すことに成功。これはモノ・コードで演奏も楽器も固定され、ワンウェイになりがちな同ジャンルでは驚異的です。

今回、優雅でオーセンティックなものからラディカルな実験作まで、モーラムという伝統音楽をアヌラック・レ・パッタナー(タイ語で「保存と改革」の意)して継承した彼の手腕を聞く22曲をセレクト(デジタル版は18曲のみ)。ほとんどの曲が初再発・初CD化で一部は初レコード化となります。これまでコレクターしか耳にできなかったタイ・イサーン音楽の秘宝がここに開放されます。みなさま長らくお待たせしました。

*注釈:
モーラム:東南アジア/ラーオ系の伝統的な語り芸。モーは達人、ラムは声調に抑揚をつけながら語る芸能。つまり「語りの達人」で、その歌手と芸能の両方をさす名称。モーラムは「歌」ではない。

=作品仕様=
+ワイドケース、36頁ブックレット封入、帯付
+ 解説(日本語・英語併記):Soi48
+ 装丁デザイン:高木伸介(Soi48)

〜以上、メーカーインフォより

ピース・サインが素晴らしいジャケですが、このCDがリリースされる 2月25日の一夜前、2022年2月24日未明、スリン・パークシリ師は亡くなってしまったそうです。何とも言えないタイミングですが、その音楽を楽しもうという一ファンとして、ご冥福をお祈りするばかりです。
タイ北東部に息づいて来た伝統モーラムの歌唱スタイルを生かしながら、押し寄せる欧米POPに負けないポピュラリティーの獲得に努めた、モーラムの本場、イサーン出身の音楽プロデューサー、スリン・パークシリのプロデュースになる70~80年代シングル録音集で、ほぼ初復刻となる22曲が並んだ労作となります。この時期、世界中で起こった伝統とモダンの音楽的融合の、その数々の試みの中にあっても、地域性や民俗的パワーを温存するその方向性において、制作者の手腕が発揮された最上のサンプルの一つだと思います。実に、聴き応えあります! 

1. ラムヤイ・サンカマニー「ラム・プルーン カッコイイ男」
2. ショームサワイ・セーンタウィースック「ラム・プルーン わたしを指名して下さい」
3. トーンミー・マライ「ラム・プルーン 女の子をたしなめる」
4. ゲーオター・プラヤーレー「ゲーオターのラム・プルーン」
5. チャム二ァン・ミットプラチャー「ラム・プルーン 俺とつきあって下さい」
6. チャバープライ・ ナームワイ「ラム・プルーン なだめてくれないと愛さないわ」
7. チャバープライ・ ナームワイ「ラム・プルーン サウジアラビアへの思い」
8. ソンタヤー・カラシン「 ラム・プルーン 親友と親友」(インスト)
9. ホームファン・サクサクン「ラム・プルーン 若いバツイチ男 」
10. パイリン・ポーンピブーン「ラムプルーン カティナ祭り」
11. パイリン・ポーンピブーン「パイリンのラム・タンワイ」
12. バーンイェン・スリーウォンサー「 ラム・プルーン サコンナコーン」
13. ソンタヤー・ カーラシン「ラム・タンワイ ジゴレット」
14. ソムティン・チャルーンチャイ「ラム・プルーン 民謡」
15. チャバープライ・ ナームワイ「ラム・プルーン 野外映画の物語」
16. バーンイェン・スリーウォンサー「ラム・プルーン ナコーンパノム」
17. サックチャイ・ペッチウボン「ラム・プルーン 別れの前に」
18. チャウィーワン・ダムヌーン「ナコーンパノムへようこそ」
19. カンプン・フンスック「ラム・トゥーイ 愛のラムウォン」
20. チャム二ァン・ミットプラチャー「 ラム・プルーン 森の散策の物語」
21. ナリー・ルンルアン「ラム・プルーン 愛しましょう」
22. カンプン・フンスック「ラム・トゥーイ イサーン女の約束」

go top