TAO RAVAO & VINCENT BUCHER / PIMENT BLUE


フランスとマダガスカルの両親の間に生まれた卓越した技術をほこるカボシー(マダガスカルの弦楽器)/ヴァリハ奏者であり、マダガスカル楽団「ニ・マラガシー・オーケストラ」も務めたタフ・ガイ、タオ・ラバオと、フランスのブルースハーピスト、ヴァンサン・ビュシェの2021年のデュオ作。1990年代前半からコンビを組んでから四半世紀以上を経ており、息の合った、というか、両者の有機的な音の結びつきが、“クレオール・ブルース”のゴキゲンなグルーヴを生み出しています。タオ・ラバオのキレのある演奏とラフな装いのヴォーカル、ヴァンサン・ビュシェの野趣溢れる魂のハープ。ブバカール・トラオレなどアフリカン・ブルース好きはマストです。デジパック仕様。(サプライヤーインフォより)

1. AGRIOLYKOS (Patier Roger) 4.50
2. TELL ME (Patier Roger) 3.39
3. RANOVELO (Patier Roger) 5.38
4. PIMENT BLEU (Patier Roger) 3.17
5. AKORIABE (Patier Roger) 4.20
6. MADIBA (Patier Roger) 5.38
7. ADAMA (Patier Roger) 4.14
8. ALAHELO (Patier Roger) 3.21
9. SEMELLES DE VENT (Patier Roger-Vincent Bucher) 2.29
10. SANKARA (Patier Roger) 3.37
11. DREAM OF YOU (Patier Roger) 2.39

Tao Ravao : valiha, kabosy, foot stomp, lead vocals
Vincent Bucher : harmonicas, back up vocals

go top