V.A. / TRINIDAD-CALYPSO 1939-1959

仏フレモー&アソシエ社の2枚組コンピ盤シリーズ、11年夏の最新作は『JAMAICAN MENTO』『BAHAMAS – GOOMBAY』に続くフランスのレゲエ博士ブルーノ・ブルム監修によるカリブ音楽探訪の第3弾・トリニダード編!1939年~59年のトリニダードのカリプソ~ロード・キチナー、マイティ・スパロウ、ローリング・ライオンほかスティールバン …

続きを読む>

V.A. / CALYPSO AWAKENING, From The Emory Cook Collection

CD廃盤のため、CDRにて>http://www.folkways.si.edu/calypso-awakening-from-the-emory-cook-collection マイティ・スパロウがデビューし戦後カリプソが盛り上がりをみせ始める時期にあたる1956年から62年の録音をスミソニアン・フォークウェイズがまとめた編集盤(2000年編集)。スティー …

続きを読む>

V.A. / CALYPSO KINGS AND PINK GIN

史上数少ない古き良きカリプソテント1957年の実況録音COOK盤LPのストレート・リイシューです!ロード・キチナーが渡英して後、人気を競ったスパロウ VS メロディーのユーモラスな対決、等々、イイ空気流れてますねえ、カリプソ・マニアにはたまらない盤となっています。PDFダウンロード出来る英文ライナーには詳細な英文解説と歌詞が掲載!>★ 1. Dear Spa …

続きを読む>

LORD MELODY – COOK RECORDINGS

1940年代半ばから歌い出し、ロード・キチナーと肩を並べる人気を誇ったロード・メロディー、1950年代後半には、カリプソ・テントで若手マイティ・スパロウの好敵手となり、人気を競いあった。そんな時期の代表的作品群が録音されたCOOK録音LPのオリジナル復刻CDR by スミソニアン・フォークウェイズ!懐の深いエンターテイメント、余裕のある味わい深い歌い口が楽し …

続きを読む>

V.A. / AH WANNA FALL, calypso from trinidad & tobago

トリニダードのヴィンテージ・カリプソの名曲を、2001年時点での現役カリプソニアン達がカヴァーしたトリニダード現地録音の企画アルバムです。ストリングスバンドの雰囲気漂うバックの伴奏も、そしてそれぞれの歌い手のカリプソならではの歌い回しも、実にヴィンテージムードを醸し出しています。オールド・カリプソニアンの精神を21世紀に繋ごうという試み、ということでしょうね …

続きを読む>

V.A. / JUMP UP CARNIVAL

1956年のトリダニードのカーニヴァルを実況録音したオリジナル盤。かねてより名盤の誉れ高く、中村とうようさんの1962年の初単行本『ラテン音楽入門』の中でも紹介されています。ロード・メロディーが「ブー・ブー・マン」、マイティ・スパロウが「ヤンキー・ゴーン」を披露する他、スティール・バンドの演奏を伴ったパレードの様子等、臨場感ある録音でカーニヴァルを追体験出来 …

続きを読む>

THE ESSO TRINIDAD STEEL BAND / VAN DYKE PARKS PRESENTS

1973年のUSツアー・ドキュメントDVD付!1971年作~トリニダード名門スティール・バンド=ヴァン・ダイク・パークス制作の人気盤(以前、日本盤もリリースされましたが、現在は廃盤)ジャケ違いで複刻されました!全23人の自然体スティール・パン・アンサンブルが、パークス作「カム・トゥ・サンシャイン」ほか、ポップ・スタンダードをカリプソ・ナンバーに取り混ぜ、カリ …

続きを読む>

V.A. / L’ART DU STEEL BAND

フランスの民俗音楽専門レーベル、アリオンの豊富な音源から作られた編集盤シリーズ<世界の楽器コレクション>からの1枚。スティール・パン(ドラム)は20世紀に入ってからカリブの島国トリニダード・トバコで開発された<20世紀最後のアコースティック楽器>といわれている。石油のドラム缶を加工して作る独特の形状を持つこの楽器は、シンプルな見た目か …

続きを読む>

ANDY NARELL & RELATOR / UNIVERSITY OF CALYPSO

今や北米R&Bやラップや、ジャマイカのダンスホール・レゲエとあまり変わらなくなってしまった?打ち込み系ダンス音楽まっしぐらのソカを尻目に、ギター弾き語り&スティール・パン&ピアノ・トリオ&コンガでカリプソを聞かせてくれる得難いCDが登場!オールド・カリプソニアンの格調とラウンジーなトリニダードJAZZスタイルが、優雅な夏の宵を演出してくれるわけです。もう、ラ …

続きを読む>

MIGHTY SPARROW / KING SPARROW’S CALYPSO CARNIVAL

1959年作、LPアルバムとしてはごく初期、定評あるCOOKレーベル録音です!ジャンプアップ直前のストリングス系バンド&ブラスがイイ味出してます。もちろん、スパロウの歌も最高!~その前年、ロード・マーチ・コンペティションで史上初の三冠を得た飛ぶ鳥落とす勢いのピコンが効いてますよ!?>★ 1 Teresa 4:51 2 Reply to Melody 3:56 …

続きを読む>

MIGHTY SPARROW / KING SPARROW IN HI-FI

同じようなジャケットで2枚リリースされていたクック盤のスパロウ、こちらは1963年録音のクック盤ということになっていますが、定かでなく、59年の “CALYPSO CARNIVAL”と同時期の録音のようにも思えます。この「イン・ハイフェデリティー」と同内容のトリニダード・ベリゼー盤が存在することは、>こちらで指摘されていました(無断リ …

続きを読む>

MIGHTY SPARROW / HOT AND SWEET

『ディスカヴァー・アメリカ』(72年)や『ヤンキー・リパー』(75年)の制作時期~ヴァン・ダイク・パークスがトリニダード音楽にどっぷり浸かっていた頃=1974年に当時現役最高峰カリプソニアンだったマイティ・スパロウをプロデュースした作品です。いや、名作ですね。」プロデュースもイイけど、最もアブラのノッテいた頃のスパロウはスゴイ!ピコンありパンチあり、ソウルフ …

続きを読む>

V.A. / ISLAND IN THE SUN

けっこう安易なジャケット&タイトル&レコード会社名の2CDながら、収録曲は以下の通り、けっこう本格派のカリプソ入門盤となっています! 1. Wilmouth Houdini – Caroline >2. King Radio – Man Smart Woman Smarter 3. The Lion – Vitalogy …

続きを読む>

V.A. / SAND & STEEL, THE CLASSIC SOUND OF JAMAICAN STEEL DRUMS

名門トロージャン・レーベルから、2CDでこのお値段~お徳用スティール・パン・コレクションが登場です。本場トリニダードに勝るとも劣らないジャマイカン・スティール・バンドの名門=6グループがそれぞれ編集されて全46曲!ライジング・サン/ヘルズ・ゲイト/WIRLオール・スターズ/BWIAサンセット/ユニヴァースティー・ウエスト・インディーズ/ウエスト・インディア・ …

続きを読む>

JEFF RECORDINGS, ROUGH BEATS FROM PERU & TRINIDAD 1972-1974

かなり不思議なコンピ=復刻コレクション~南米ペルーとトリニダード・トバコの70年代前半ファンキー&ダンサブル・ナンバーを集めたCDです。ペル-系女性によるブラジリアン・ナンバーやサイケ・ファンク、スティール・パンによるレアーグルーヴ、果ては在トリニダード=インド系トラディショナルなどなど、アルバム・タイトルにもなっているサウンド・エンジニア/ジェフ・ニカウな …

続きを読む>

go top