JEFF RECORDINGS, ROUGH BEATS FROM PERU & TRINIDAD 1972-1974

かなり不思議なコンピ=復刻コレクション~南米ペルーとトリニダード・トバコの70年代前半ファンキー&ダンサブル・ナンバーを集めたCDです。ペル-系女性によるブラジリアン・ナンバーやサイケ・ファンク、スティール・パンによるレアーグルーヴ、果ては在トリニダード=インド系トラディショナルなどなど、アルバム・タイトルにもなっているサウンド・エンジニア/ジェフ・ニカウな …

続きを読む>

THE MIGHTY TERROR / DOUBLE GOLD

トリニダード、オールド・カリプソニアン=マイティー・テラー~突然の復活!ややソカの風合いも感じられるバックですが、ホーン・セクションや生なギターも入って、いかにもヴェテラン・カリプソニアンらしい歌い口を演出していますね!ミレニアムを迎える中、なかなか望めないだろうカリプソらしいカリプソ!って、イキナリ、スクラッチ入りラップもやってますけど… 1 …

続きを読む>

KOBO TOWN / JUMBIE IN THE JUKEBOX

コボ・タウントリニダードの首都ポート・オヴ・スペイン周辺の海岸沿いについた古いニックネイム。ヴォーカルや作詞作曲を担当する中心人物、ドリュー・ゴンサルヴェスはポート・オヴ・スペインので生まれ、13歳の時、カナダに移住します。しかし、彼はカナダに馴染めず、機会を見つけてはトリニダードを行き来する青春を送りトリニダード音楽にも親しみました。  そして2004年に …

続きを読む>

LARA BROTHERS / PARANG, CARIBBEAN CHIRISTMAS WITH LARA BROTHERS

トリニダードのクリスマス音楽=“パラン”の伝統を今を伝える長老・兄弟グループの新録です。小型4弦ギターのクアトロをメインとしながらも、アフリカ起源の1弦ベースやマリンブラ=巨大親指ピアノ等から成るコンフントによるハチロク系ビートの演奏で、スペイン語による独特な哀感がこもったシャガレ声の歌とコーラスが楽しめます。ベネズエラのパランダや、プエルトリコのアギナルド …

続きを読む>

ANTHONY JOSEPH & THE SPASM BAND / BIRD HEAD SON

トリニダード出身のポエット・パフォーマー、アンソニー・ジョセフ仏録音新作(セカンド)です!今様ギル・スコット・ヘロンという声も既にあがっているようです。ファンキーかつパーカッシヴ、アフロでジャジーな演奏に乗せ、どこかカリプソニアンの歌い口を思わせる高速ラップ?を聞かせます。これもまた、カリプソの枝分かれした遺産かも知れませんね。

続きを読む>

MIGHTY SPARROW / SPARROMANIA!

英国STRUTレーベルによる一味違うマイティ・スパロウのベスト2CD1962~1974 年録音集です。ありがちなベストかと思っていたのですが、バルバドスのヒルトン・ホテル実況音源や、バイロン・リーとのソウル・ナンバー、ブーガルーやラテン・ナンバー、ロード・メロディーとのデュエットなどなど29曲、カリプソ~ソカからハミ出す個性も聞かせたスパロウのもう一つの側面 …

続きを読む>

RUPERT CLEMENDORE, JOHN BUDDY WILLIAMS / LE JAZZ PROMITIF FROM TRINIDAD

1961年トリニダード録音~カリプソの元となったカイソ・スタイルやトリニダードの対岸ベネズエラのホローポの要素を感じさせる曲など、往年のカリプソ伴奏をつとめて来たと思しきベーシスト、ジョン・バディ・ウィリアムス率いるジャム・セッション4曲が、あまりにも素晴らしく、まさしくトリニダード流儀のアフター・アワーズ・セッション! 加えて、ピアノやヴァイブをフィーチュ …

続きを読む>

go top