INTERACTIVO /INTERACTUAR ES UNA FUERZA

キューバのティンバ・ファンク・バンド、インテラクティボのDVD、CDセット~ジューサ、テルマリーという才女2人を世に出し、アルバムのプロデュースも手がけているロベルト・カルカセースがリーダーを務めるキューバ精鋭集団。DVDは、メンバーのインタビューと各種コンサート・ヴィデオやコンサート写真から構成されたファースト・アルバム『ゴサ・ペピージョ』のドキュメンタリ …

続きを読む>

CHARANGA HABANERA / LA CARATULA

キューバン・ハード・サルサ~ティンバの創始者の1つチャランガ・アバネーラ2009年新作! 数度の来日公演や村上龍プロデュースのドキュメンタリー映画『ポプラル!』などで、日本のラテン音楽、キューバ音楽ファンばかりでなく、広く一般にも知られる存在となったダビ・カルサード・イ・ス・チャランガ・アバネーラ。彼らの通算14枚目のアルバムです。15年間にわたりキューバの …

続きを読む>

JUAN CARLOS AFONSO Y SU DAN DEN / FIESTAS DE CUBA

1980年代後半に当時の大人気バンド、オルケスタ・レベで活躍後、自己のバンドを結成して、ブラコンなどのメロディ・ラインを取り入れながら、現在のティンバにつながるようなグルーヴ感を展開したフアン・カルロス・アルフォンソ率いるダン・デン。一時はシーンから消えてしまったような時期もありましたが、ここ3~4年での復活はファンには嬉しいところ。特にサウンド的には往時の …

続きを読む>

INTERACTIVO / CUBANOS POR EL MUNDO

ロベルト・カルカセースを中心にジューサ、テルマリー、フランシス・デル・リオ、カルロス・サルデゥイなどを輩出してきたキューバ新世代音楽ユニット。ブラジルのレニーニ、スペインのオホス・デ・ブルッホなど辺境グローバル・サウンドの騎手たちとのセッションも盛んに行い、国境を越える音楽スタンスで注目を集めてきました。この新作、これまでになくリラックスした雰囲気の中で録音 …

続きを読む>

CHISPA Y LOS COMPLICES / ADIVINAME

本当に久しぶりのアルバムですね!2002年作『ケ・レ・パサ・ア・ミ・ネグラ?』から実に6年ぶりということになります。今作もファンキーなオープニングから、ソウルフル且つ怒濤のティンバ・サウンドへ突入、最後まで突っ走ってくれます。今作ではタニア・パントーハ、ミチェル・マサ、カンディド・ファブレなどがゲストヴォーカリストとして華を添えています。

続きを読む>

FRANCIS DEL RIO / SOL

インテラクティボのメイン・ヴォーカリストの1人フランシス・デル・リオ。つい最近セカンド作が発売されたばかりだと思っていたのに、早くもサード作の登場です。勢いありますねえ!本作も前作同様全曲自作!さらに多くの曲でアレンジやプログラミングをこなし、コーラスも多重録音で行っています。キューバ音楽の伝統をベースに置きながらも、ジャジーでありアンビエントでもあり、また …

続きを読む>

YULIEN OVIEDO / LA PEQUENA MAQUINA

エネヘー・ラ・バンダのドラマー、カリストの息子で、若きパーカッショニストとして、またラ・チャランガ・アバネーラでティンバレス奏者兼ヴォーカリストとして、そのルックスと共に人気だったミュージシャン、ユリエン・オビエドのソロ・アルバム~はじけるティンバ&ロマンティックなバラーダ&ハードなキューバン・サルサといった内容です!

続きを読む>

LAZARITO VALDES Y BAMBOLEO / QUIEM MANDA ?

バンドとしては2年ぶり、待ちに待ったNO.1ティンバ系キューバン・サルサ・バンド、バンボレオの2010年新作。勿論ヴォーカルは、タニア・パントーハとロニス・ロペス。リズムはまさにオリジナル・ティンバのグルーヴを聞かせてくれますが、今作では、さらにメロディ面でもラサロ・バルデスの才能が全編で発揮され、ファンならば一度聞いたら忘れられないキャッチーな曲ばかり。さ …

続きを読む>

SUR CARIBE / HORIZONTE PROXIMO

02年のデビュー以来、発売アルバムがすべて話題になってきた、サンティアーゴ・デ・クーバで80年代から活躍するソン~キューバン・サルサ系バンド=スール・カリベの新作です。これまでのアルバムでも、ソン14やアダルベルトの初期、オルケスタ・レベのサウンドをティンバを通過した世代のスピード感で処理したアレンジで、トロンバンガ編成を駆使し聞かせてくれました。そして今作 …

続きを読む>

ALEXANDER ABREU y HAVANA D’PRIMERA

キューバン・ジャズの重鎮チューチョ・バルデスとの共演でも有名な名トランペッター、アレキサンデル・アブレウが結成したスーパー・グループのファースト・アルバムがついに登場。ジャズでも最高レベルの演奏をする彼ですが、このグループはサルサ= ティンバ・バンドで自らヴォーカルも担当しています。冒頭目のタイトルの意味は「90年代の要約」という意味~以降、90年代以降のテ …

続きを読む>

DAVID CALZADO Y SU CHARANGA HABANERA / ACABAITO DE NACER

キューバン・サルサ、なかでもハードコア&ファンキーなサルサであるティンバのオリジネイターでありトップ・グループであるチャランガ・アバネーラの2年ぶり新作です!本作は、リーダー=ダビ・カルサードとともに、稀代のプロデューサー、フアン・マヌエル・セルートが共同でプロデュース。2008年から加入のボーカル、ラサロ”ラチー”マヤは歴代のチャランゲロの中では異色で低め …

続きを読む>

HAILA / MALA

元バンボレオで、ティンバのど真ん中のキューバ女性ヴォーカリスト、ハイラ久々の2011年新譜です。本作はハイラの夫君でチャランガ・アバネーラで長年活躍するヴォーカリストでもあるアネ・モタがプロデュース~サルサ、バラード、ポップ、バチャータ、クンビア、ボレーロと、全てのスタイルが詰まった楽しい作品に仕上がりました。中南米で圧倒的な存在であるオルガ・タニョンが参加 …

続きを読む>

AZUCAR NEGRA / …SE ACABO EL PESCAO!

ティンバ~キューバン・サルサの重要人物の1人レオネル・リモンタ率いるアスーカル・ネグラの2011年新作です。あのティンバの雄バンボレオに結成当時から参加し、ハイラのテーマソングとのいえる名曲「私は誰のまねもしない(Yo no me parezco a nadie)」を作曲。その後そのハイラと共にアスーカル・ネグラを結成。ハイラは、ソロ活動が多くなったため脱退 …

続きを読む>

MANOLIN / TIENE QUE SER MANOLIN

90年代のキューバで爆発的に流行っていたティンバを代表するひとりがこのマノリンです。彼は音楽一家出身のミュージシャンが多いキューバで、医学を志す学生でありながら音楽活動を始めたことから、「エル・メディコ・デ・ラ・サルサ(サルサのお医者さん)」と名乗り、その美しいメロディ・ラインの曲作りのうまさと甘いヴォーカルで一気に人気者になりました。その彼が物議を醸し出し …

続きを読む>

go top