大工哲弘 / ウチナージンタ

小さな島の大きな記憶。八重山諸島に漂着したヤマトうたがジンタサウンドにのって甦る。 記念すべきオフノート第一弾はソウルフラワー・モノノケサミットをはじめ、多くのフォロワーを生んだ歴史的名盤。 サポート陣は大工苗子、大熊亘、中尾勘二、関島岳郎、向島ゆり子、石川浩司(たま)、 長谷川&高田宣伝社(チンドン)の豪華メンバー。梅津和時プロデュース。 =小さな島の大き …

続きを読む>

ネ-ネ-ズ / 美らうた

古謝美佐子脱退後の動向が気になっていた沖縄女性コーラス・グループ=ネーネーズ~メンバーを加え新生ネーネーズ(第二期)として、蘇ってくれました。みずみずしいユニゾン・コーラスも若々しく響く、あのネーネーズに変りはありませんでした。沖縄の”ちゅらうた”たっぷり、聞かせてくれます。 〜2002年第二期ネーネーズ唯一のフルアルバム! 01 ばんがむり 02 美童エイ …

続きを読む>

シーサーズ / 打花鼓

ヤマトのオキナワPOPグループとしてデビューした?シーサーズ待望のセカンド!故・中村とうようさんも絶賛されていた2001年作です。多良間島民謡をはじめ、本土各地の童謡や沖縄本島の民謡に材を求め、シーサーズ流儀のファー・イースト・トラッドPOPをアコースティックに展開してます。

続きを読む>

SHOUKICHI KINA & CHAMPLOOSE / THA MUSIC POWER FROM OKINAWA

1991年UKグローブスタイル盤でリリースされた喜納昌吉の1977年のデビュー・アルバムです!結局、コレ以上のアルバムは昭和 / 平成・沖縄POP / ROCKシーンから出現していないんじゃないでしょうか…?今もって最高にパワフルで最高にディープです。ハイサイおじさん、レッドおじさん~名曲名演が並びます! 参考▽

続きを読む>

登川誠仁 / スタンド!

追悼….「男、70歳にして立つ!」というキャッチ・コピーで登場、沖縄で一番有名な“おじぃ”~民謡界の重鎮による、天衣無縫な歌心を伝える一作です。自身の孫や弟子たちが参加している以外は、登川のソロ・ワークと金城みゆきとの掛け合いのみで構成された~裸の登川民謡が聞ける2002年作です!

続きを読む>

マリカミズキ / キュラムンジマ

マリカミズキは奄美大島の北部、笠利出身の女子ふたり、中村瑞希と吉原まりかによって01年に結成されたユニット。02年に2枚のミニ・アルバムをリリース、そして 04年には洋楽器を大胆に取り入れた島唄アルバム『ルミネッサンス』をリリースしジャンルを超えたアーティストとの交流の成果を聞かせ評判を呼びました。で、この本作『キュラムンジマ』は6年ぶり、2作目のフル・アル …

続きを読む>

LUCY / HIYAMIKACHI

ペルー生まれペルー育ち沖縄三世の女性歌手ルーシーが東日本大震災後の日本~沖縄を元気づけるため、カチャーシー中心のアップテンポな曲ばかりを歌った新作。タイトルの「ヒヤミカチ」とは、沖縄の方言で「エイ!」と気合を入れるという意味で戦後に沖縄の復興のために作られた曲。登川誠仁の歌で知られるこの曲を沖縄方言に続き、彼女の母語であるスペイン語の歌詞でも歌っています。他 …

続きを読む>

マルチーズロック / ダウンタウンダンス

「サーカス楽団引き連れて、聖なる酔っぱらいの歌声が沖縄からやってきた!!」梅津和時 魂を揺さぶるパワーロック 大工哲弘 2009年夏、「マルチーズロック」と書かれた一枚のCD-Rを手渡された。聞き慣れない名前だった。「大工さん、ライナーノーツを書いて」とがちゃぴん(上地一也)に頼まれた。他に何の資料も添えられずに。それから暫くして原稿の締切日を告げる電話が鳴 …

続きを読む>

大城美佐子&よなは徹 / ふたり唄~ウムイ継承

島唄の神、故・嘉手苅林昌とコンビを組み、“女嘉手苅”とまで呼ばれた、沖縄民謡界を代表する女性唄者・大城美佐子と、POPSから古典民謡まで多岐にわたり活躍中の”若手ナンバーワン唄者”の呼び名も高い、よなは徹の初共演作品。 「”ウムイ(想い)”が入らないと心から歌えないもの 先輩を大事にして後輩をいたわって、親を敬 …

続きを読む>

go top