小那覇舞天 / 沖縄漫談ブーテン笑いの世界 vol.1

沖縄のチャップリンといわれた天才ブーテン。その笑いの本質を探る。照屋林助、登川誠仁、藤木勇人らに強烈な印象を残したブーテン。このCDでは聴衆とのあうんの呼吸、幼きフォーシスターズの貴重なライブが聴ける。ブックレット解説 照屋林助 20ページ 1. 初春のうた 2. 金色夜叉 3. MC ~従兄への御無沙汰を詫びて 4. 琉歌二題 ~想い出と料亭大和の宣伝をし …

続きを読む>

なゆた / なゆたうたう

りんけんバンドのリーダー照屋林賢プロデュース、女性シンガーソングライターなゆたの2010年初アルバム。 2008年より、LIVE活動を始める。歌詞のテーマは自然や家族が多く、ウクレレやギターを弾き、独特の世界観が好評を得る。気取らず、笑顔を絶やさないステージは、国籍を問わず様々な人に受け入れられている。 1. 平野家そんぐ 2. みんなのメロディー 3. T …

続きを読む>

名嘉常安、島袋恵美子 / 島ぬいえー

01. 島ぬいえー 02. 新川大漁節 03. セイシカ 04. 掛き遊び節 05. チョーンチョーン節 06. ウナザーレーイ (史曲「尚円」第四章) 07. 豊年音頭 08. 島々清しゃ 09. 想い出のシンガポール航路 10. なれし古里 11. 逆田由来唄 12. 月が出たなら 13. 島やからー 14. 銭節 15. 伊是名島 (史曲「尚円」第七章 …

続きを読む>

MA-YUN(真世) / 翔

豊年満作の幸をもたらす石垣島の来訪神「マユンガナシー(真世加那志)」から名付けられた石垣出身の女性歌手デュオ。神歌、古謡の世界観を随所に引き継ぎながらも現代的な沖縄ポップを作り上げています。

続きを読む>

安里勇 / 潮騒 八重山情唄

1. 三線(Beach) 2. 安里屋ユンタ(House) 3. まるまぶんさん~殿様節 4. とぅばらま 5. 高那節 6. 八重山育ち 7. 月ぬまぴろーま 8. まんがにすっつぁ 9. 猫(まや)ゆんた~与那国ぬ猫小(まやぐぅあ) 10. 夏花 11. 与那国しょんかね節 12. 笛(Beach)~月ぬ美しゃ(Beach) 13. 安里屋ユンタ(Liv …

続きを読む>

仲宗根豊 / ああぐ

宮古の男性歌手の1st 国吉源次が三線で参加 【収録曲】 1.なりやまあやぐ 2.米ぬあら 3.長山底 4.古見ぬ主 5.トーガニーあやぐ 6.池間ぬ主 7.新城目差親 8.大世栄 9.酒田川 10.中立ぬみががま 11.東里真中 12.豆が花 13.新かぬしゃがまよ 14.雨乞いぬ声合 15.古見ぬ主

続きを読む>

知名定男・徳原清文 / 島や唄遊び

1) 道唄ナークーニー~いちゅび小 2) 島や唄遊び 3) 白雲節 4) 金細工 5) ヤッチャー小~山原手間当 6) 饒辺の前 7) 花風(尾類小風) 8) 名護の前 9)ケーヒットゥリ~汀間当 10) ヨー加那よー 11) 挽物口説 12) かいされー 13) ハリクヤマク

続きを読む>

輿那覇徹 / よざれ節 輿那覇徹の島うた

若手実力派よなは徹の1stアルバム。 1. 北谷舞方 2. 栄口節 3. 虹の橋(ぬーじ橋) 4. 畑の打豆 5. シンガポール小 6. 南洋小唄 7. 北谷口説 8. 松やっちー 9. 受水走水 10. 遊び天川 11. 新ダイサナジャー 12. 三弦よざれ節 13. ラジオ節

続きを読む>

大工哲弘 / ウチナージンタ

小さな島の大きな記憶。八重山諸島に漂着したヤマトうたがジンタサウンドにのって甦る。 記念すべきオフノート第一弾はソウルフラワー・モノノケサミットをはじめ、多くのフォロワーを生んだ歴史的名盤。 サポート陣は大工苗子、大熊亘、中尾勘二、関島岳郎、向島ゆり子、石川浩司(たま)、 長谷川&高田宣伝社(チンドン)の豪華メンバー。梅津和時プロデュース。 =小さな島の大き …

続きを読む>

ネ-ネ-ズ / 美らうた

古謝美佐子脱退後の動向が気になっていた沖縄女性コーラス・グループ=ネーネーズ~メンバーを加え新生ネーネーズ(第二期)として、蘇ってくれました。みずみずしいユニゾン・コーラスも若々しく響く、あのネーネーズに変りはありませんでした。沖縄の”ちゅらうた”たっぷり、聞かせてくれます。 〜2002年第二期ネーネーズ唯一のフルアルバム! 01 ばんがむり 02 美童エイ …

続きを読む>

シーサーズ / 打花鼓

ヤマトのオキナワPOPグループとしてデビューした?シーサーズ待望のセカンド!故・中村とうようさんも絶賛されていた2001年作です。多良間島民謡をはじめ、本土各地の童謡や沖縄本島の民謡に材を求め、シーサーズ流儀のファー・イースト・トラッドPOPをアコースティックに展開してます。

続きを読む>

go top