BOB & RON COPPER / TRADITIONAL SONGS FROM ROTTINGDEAN

イングランド南東部、ブライトンにほど近い海に面した村:ロッティングディーンに住むコパー家は、幾世代にも渡り地元の伝承歌を歌い継いできました。19世紀末に民謡研究家のケイト・リーと知り合い、一家は彼女が所属する民謡協会の民謡収集に力を貸しました。そうしてジェイムズ&トーマス兄弟(1840年代生まれ)、ジェイムズの二人の息子ジョン&ジム兄弟(19 …

続きを読む>

FAIRPORT CONVENTION / WHO KNOWS WHERE THE TIME GOES

イングランドの誇るフォークロックバンドの1997年作。タイトルはサンディー・デニーがバンド在籍時1960年代に書いた名曲から。1995~1997年に行われたライブ音源とスタジオ音源を交えた作品。この当時のメンバーは Simon Nicol – guitar, vocals Dave Pegg – bass guitar, vocals …

続きを読む>

PHILLIP HENRY & HANNAH MARTIN / MYND

英国トラッドへの興味に加えて、スライドギターを探求しインドのデバシシ・バッタチャリヤに師事した英国人スライドギタリストのフィリップ・ヘンリーが、英国諸島のトラッドを探求するフィドラー、マルチ楽器奏者、シンガーソングライターのハンナ・マーティンと組んだデュオの2013年作。アメリカ南部を思わせるドブロやスライドギター、バンジョーと英国フォークのメロディーの共存 …

続きを読む>

PENTANGLE / SWEET CHILD

英国フォークロックの歴史的名作、ペンタングルの1968年二枚組アルバム。一枚はライヴ盤、二枚目はスタジオ録音で、トラッドはもちろん、中世の古楽曲、マイルズ・デイヴィズから影響を受けた自作曲まで22曲を一枚のCDに収録。

続きを読む>

NIC JONES / PENGUIN EGGS

フォークリバイバル運動真っ盛りの1960年代後半にデビューしたシンガーソングライター/ギタリスト/フィドラーのニック・ジョーンズ。1982年に交通事故で音楽家として再起不能になってしまった彼の、最後に残した作品が1980年作のこのアルバム。独特のパーカッシヴなギター奏法と優しい歌声の持ち味を存分に楽しめる最高傑作。

続きを読む>

STEVE TILSTON / THE GREENING WIND

イギリス湖水地方カンブリアの名門フォークレーベル「フェルサイド・レコーディングス」シリーズ。スティーヴ・ティルストンは「ジョン・レンボーンとも、バート・ヤンシュともそれぞれ親しく共演した経験があり、アイリッシュトラッドのシンガーとも長年一緒に活動していて、その上フェアポート・コンベンションの最もお気に入りのシンガー」。本作は彼の長いキャリアの中から選ばれたベ …

続きを読む>

MARTIN CARTHY & DAVE SWARBRICK / BOTH EARS AND THE TAIL

70年代にはスティーライ・スパンのメンバーとして活躍、現在までブリティッシュ・フォークのシーンで活躍を続けるギタリスト/シンガー=マーティン・カーシー。60年代前半のフォーク・リヴァイヴァル運動を象徴した彼のデビュー作『マーティン・カーシー』の発表から1年後の66年に、イングランド中部ノッティンガム市のフォーク・クラブで録音された幻の貴重ライヴ音源が復刻され …

続きを読む>

PETER BELLAMY / BOTH SIDES THEN

英トピック・レコードが創立70周年の記念シリーズ/その第5弾として日本発売されることになったのがこのアルバム~英国フォーク・ロック・シーンに大きな影響を与えたア・カペラ・トリオの中心人物だったピーター・ベラミーは“完全主義者”とあだ名される伝説的なフォーク・シンガー。そのレパートリの広さと独特なヴィブラート唱法でカルト的な人気を誇りました。本作はそんな彼が1 …

続きを読む>

go top