SILVIO RODRIGUEZ / DOMINGUEZ


CDQ-0019パブロ・ミラネースと並ぶ、キューバの新しい歌運動=ヌエバ・トローバの旗手にして、スペイン語を中心に今も絶大な人気を誇るシルビオ・ロドリーゲス。その旧作群が紙ジャケ仕様でリイシューとなりました。歌詞掲載の印刷物付きで、改めてシルビオの軌跡を振り返ってみたりするのに、好適ですね。
本作は90年代を飾った、ギター弾き語り(ベースなどの多重録音含む)を主眼とする三部作『シルビオ』(92年)、『ロドリーゲス』(94年)、『ドミンゲス』(96年)の3作目。前作『ロドリーゲス』は父に捧げられていましたが、本作は母アリヘリア・ドミンゲスに捧げられ、12曲目の「エル・ビエント・エレス・トゥ」ではその母の味のある歌声を加える他、7曲目「シ・セコ・ウン・ジャント」には母方の妹で歌手のアナベル・ロペスが参加しています。朗読+電子音の4曲目なども。南米SSWものがお好きな方にもチェックしていただきたい1枚です。(インポーター資料から)

曲目表:
1. Paladar
2. Ala De Colibri
3. Soltar Todo Y Largarse
4. Cancion Del Trovador Errante
5. Reino De Todavia
6. Caballo Mistico
7. Si Seco Un Llanto
8. Se Demora
9. Me Quieren
10. Hacia El Porvenir
11. Tema De Los Locos
12. El Viento Eres Tu

go top