PEREZ PRADO / COLECCION DE 3 GRANDES OBRAS DE PEREZ PRADO


★ペレス・プラード/ペレス・プラード3大名曲名演集

マンボを世界に広めた”マンボの王様”がその生涯に残した
ヒット・ マンボとは異次元の感動渦巻く入魂の3大名曲を収録!


キューバを代表する音楽家のひとりといえるのが、バンドリーダー/作曲家/指揮者/ピアニストとして知られたペレス・プラード(1916 – 89)。1950年に発表した「エル・マンボ」のヒットを皮切りに、「マンボ第5番」「セレソ・ ローサ」などの大ヒットを連発し、世界中にマンボという音楽を広めたことはご存知の通り。そんな彼は〝マンボの王様〟と謳われ、我が国でも当時絶大な人気を博しました。
そんなペレス・プラードは2020年の12月11日で生誕104年を迎えますが、それを記念して竹村オフィス&サンビーニャが共同制作したのがこのアルバムです。これは彼が生涯に遺した入魂の3大名曲「ボンゴ・コンチェルト」 「南北アメリカ大陸のエキゾチック組曲」「ヴードゥー組曲」を、彼の楽団の名演で収録したものをまとめて楽しめる画期的な作品。これら3曲は全て16分〜24分という長尺のトラックですが、曲の途中で様々なリズムや旋律が登場し、複合的なサウンドを展開。まさにクラシックの組曲を連想させる多様な音楽性がその魅力と言えます。なかでも「南北アメリカ……」は革命後のキューバが米国により米州機構から除名された直後の録音で、母国を思うペレス・ プラードの心情がにじむ感動的なトラックです。
さらに本作にはピアノをメインとしたピアニストとしての力量が光る「ピアノーロ」「ピアノ・メドレー」の2トラックを収録しています。力のこもった大作で張り詰めた心を癒すボーナス・トラックとしてお楽しみ頂ければ幸いです。
もちろん選曲/解説は音楽ジャーナリストの竹村淳氏が担当。そしていつも通りリマスタリングされた高音質でお届けいたします。

●選曲/解説:竹村淳

トラックリスト
1. ボンゴ・コンチェルト Concierto para Bongó (Dámaso Pérez Prado)
2. 南北アメリカ大陸のエキゾチック組曲 Exotic Suite of the Americas (Dámaso Pérez Prado)
3. ヴードゥー組曲 Voodoo Suite (Dámaso Pérez Prado)

<ボーナス・トラック>
4. ピアノーロ Pianolo (Dámaso Pérez Prado)
5. ピアノ・メドレー Potpourri:
恋はみずいろ L’amour est bleu (Pierre Cour- Andre Popp)
~ラヴァーズ・コンチェルト A Lover’s Concerto (Denny Randell-Sandy Linzer – C. Mapel)
~ミッシェル Michelle (J. Lennon – P. McCartney)

〜メーカーインフォより

go top