MATEO / CUERPO Y ALMA


mateo1984ウルグアイの男性SSW、マテオの数少ないソロ作品の中から、隠れた名盤として探している方も多い1984年リリースの2ndがデジタルリマスターで再発!
全曲マテオが作詞作曲を手がけたマテオのエキセントリックな男の美学がどっぷり堪能できる作品。
ゲストには盟友のウーゴ&オズワルド・ファトルーソや女性SSWのマリア・インゴールドも参加。特にフォーキーなギターにモノ・フォンタナのごとく浮遊感漂うシンセもフィーチャーさせたノスタルジックで美しい曲や、カンドンベとカンドンブレが融合した風のメロディーにマリアの透明感漂うスキャットとマテオのねっとりした語り節がからむ曲など、世界の果てのおとぎ話のような摩訶不思議と惹かれる魅惑の曲ばかり。
フアナ・モリーナをはじめ日本でも人気のアルゼンチンのミュージシャンらもこぞって彼に影響を受けたと言うのも納得!なんとライナー・ノーツは南米ロックを独特の口調で語るライターの村上怜氏が手がけており、本作にはスペイン語訳で掲載!
(サプライヤーインフォより)

go top