LOUKAS DARALAS / OLES OI EPITYCHIES


ブズーキ奏者として活躍していたルカス・ダラーラスの、1974年のソロ名義ファースト・アルバムに加え、続く1975年のセカンドをカップリングしたCDです。その2枚のレベーティカ系アルバムを残した後、1977年に50歳で亡くなってしまいましたが、その名の通り、ヨルゴス・ダラーラスの父親です。1940年代の終わりから、ヴァンヴァカリスや、プロドロモス、カザンツィディス&マリネッラの伴奏をつとめた名ブズーキ奏者でした(そしてその父、つまりダラーラスの祖父も、ヴァイオリニストとして活躍したフリストス・ダラーラスでした)。息子の大活躍でクローズアップされ、アルバムをリリースしたかたちですが、あくまでもブズーキ奏者として活動して来た人、このジャケ、そのブズーキをかまえた横顔、堂に入ってます。カッコイイとしか言えませんな、そして、その歌声、やはりヨルゴスと同じ、やや中高音域でよく伸びるのでした。

*父は “DARALAS”、息子は “DALARAS” ということで、綴りが違うのは、ヨルゴスが、「その方が良い響きだから」と変えたそうです。ま、L と R が同じ発音になってしまう自分みたいなものには、よくわからないのですが…(その辺、一言せめて触れておきなさい、と、お客さんに言われたので…)。

Ένας Ρεμπέτης (1974)
1 Το Βουνό
2 Το Πλουσιόπαιδο
3 Καημό Μες Στην Καρδούλα Μου
4 Η Άτακτη
5 Τα Όμορφα Τα Γαλανά Σου Μάτια
6 Το Φτωχομπούζουκο
7 Πως Ήμουνα Πως Έγινα
8 Νυχτερίδα
9 Δυστύχησα Κι Εγώ
10 Ένας Αλήτης Πέθανε
11 Μακριά Μου Να Φύγεις
12 Σκαλοπάτι – Σκαλοπάτι
 
Εγώ Και Το Ρεμπέτικο (1975)
13 Πικρός Καημός
14 Εγώ Δεν Έχω Βγάλει Το Σχολείο
15 Ο Περικλής [Χθες Το Βράδυ Στην Ταβέρνα]
16 Σκαλί Σκαλί
17 Το Ξεκρέμασα Κι Απόψε
18 Ο Γεροντόμαγκας
19 Μου ‘Κλεισες Βαριά Την Πόρτα
20 Μια Μάνα Είχα Στη Ζωή
21 Όσο Βαριά Είναι Τα Σίδερα
22 Σαν Ανεμόμυλος
23 Ο Απόκληρος
24 Κάτσε Καλά

go top