GUILLAUME LOPEZ / ANDA LUTZ


オクシタニアはトゥールーズのシンガー/マルチ管楽器奏者ギヨーム・ロペスの2020年作。スペイン語のANDA、オック語のLUTZを組み合わせたタイトルとその語感から想像されるように、トゥールーズからアンダルシアなどを巡る路線を追い求めた内容となっています。自身のヴォーカルとフルート/バグパイプに、アコーディオンは名手ティエリー・ロック、モロッコ人パーカッション奏者&ヴォーカルのサイード・エル・マローミ、ジャズ系トランペット奏者ニコラス・ガルデルとのカルテット。ヴォーカル曲とインスト曲を織り交ぜ、オクシタニア・トラッド、アンダルシア歌謡、フラメンコ、ジャズ、タンゴ、マグレブ音楽要素などが入り交じる地中海混淆ポップを創出しています。オリジナルの他、伝承曲やフェデリコ・モンポウの曲に詞をつけてカヴァーしたりも。スペインのラジオ・タリファとか、あの辺りの路線がお好きな方にオススメです。デジパック仕様。(サプライヤーインフォより)

1. Anda-Lutz
2. Su memoria, su destino
3. Sueño de Launac
4. El Olivo del Abuelo
5. Aure
6. Flauta
7. Sense tu – Revolum de Posca
8. Palanca
9. Douceur pour 2 R
10. Sevillana del Adiós
11. Semmus
12. Ostal Blanc
13. Coûte que coûte
14. Mi Granada
15. Jamei jo non veirèi

go top