BAU ‎/ TÔP D’COROA


バウことルフィーノ・アルメイダ、父親はカーボ・ヴェルデの弦楽器職人だったそう。その父からギター、カヴァキーニョ、ヴァイオリン等の作り方と演奏法を学んだとのこと。この93年作がファーストで、セザリア・エヴォーラの叔父にあたる前世紀前半の島の作曲家B・レザによる典雅なモルナが5曲、ほか自作2曲や、敬愛するブラジルのカヴァキーニョ奏者、ヴァルジール・アゼヴェードの “Delicado” も収録されています。全体、モジーニャに起源を持つというモルナを軸に、ポルトガルのファドにも通じる哀愁溢れる旋律を繊細なタッチの弦楽器重奏〜多重録音で綴っています。

1 Raquel 4:05
   Written    by   Rufino Almeida
2 Pescador  4:30
     Written    by   Tito Paris
3 Barbincor 4:20
     Written    by   Manuel de Novas
4 Bia 4:06
     Written    by   B. Leza
5 Tôp D’Coroa  2:47
     Written    by   R. Almeida
6 Nha Morgadinha  5:03
     Written    by   B. Leza
7 Maria Alice  2:19
     Written    by   Luis Randall*
8 Miss Perfumado  4:55
     Written    by   B. Leza
9 Bejo De Sodade   4:27
     Written    by   B. Leza
10 Pê Di Boi 2:48
11 Delicado  2:40
     Written    by   Waldir Azevedo
12 Traz D’Horizonte  4:28
     Written    by   B. Leza
 

go top