APOLONIA NOWAK & SWOJA DROGA TRIO / POLA


ポーランドはクルピオフスキ出身の民芸(切り絵)アーティストにして民謡歌手、アポロニア・ノワク、〜こちらのジャケもアポロニア・ノワクの作品からデザインされたものなんでしょう(たぶん)。歌い始めたのは1960年からで、グループ・クルピアンカに参加、欧州各地のフォーク系イベントで活躍して来たそうですが、本09年のアルバムが実質自己名義初作となった模様。1944年生まれなので、本作リリース時には65歳となっていたハズ。その歌声は、ポーランドにおいて、「白い声」として知られているそうです(何が白いんだか理解しかねますが…?)。バックにはダルシマーやハーディーガーディー、ヴァイオリン、マンドリン、ベース、ギター、クラリネット、フルート、サックスやアコーディオン、そして女声4人のコーラス等がつき、アポロニアの野趣に溢れながらも可憐?とでも言いたくなる民謡的節まわしをアコースティックに盛り立てています。しかしポーリッシュ・トラッド、まだまだ未知な部分が多くて、楽しいですねえ、
 
1 Tańcujze Dziewcyno 3:20
2 Cerwonem Zasiała 3:09
3 Dopsierum Tu Przysła 4:10
4 Nie Pójdziemy Z Tela 3:15
5 Moja Mamo Jadą Goście 3:29
6 Chto Chce 1:40
7 Juz Wychodze Matuleńko 3:26
8 Cy Juseś Ubrana 1:42
9 Oj Wyjezdzaj 3:57
10 Wysła Z Kościółecka 3:02
11 A Kedy Ja Wyjde 5:09
12 Niech Jezus Chrystus 2:08
13 Przypaczta Sie Starzy 2:12
14 Kuka Kukawka 4:14


go top