V.A. / CHA CHA AU HAREM, Orientica France 1960-1964


1960年代前半、北米のエキゾティカ〜楽園指向音楽はハワイや南太平洋を目指しますが、そんなエキゾ・ミュージックのベースにはキューバ系ラテン音楽の影響が動作していたことは、マーティン・デニーやアーサー・ライマンをお聞きになれば納得されるかと。ところ変わって1960年代前半のフランスのエキゾティカ〜楽園指向音楽といえば、ボブ・アザムの “ムスタファ”(1960) 以降、オリエンティカ、つまりマグレブ〜アラブ世界への傾倒がハレムへの憧憬と相俟って、こちらもキューバ系ラテン音楽、ことにチャチャチャをベースに奏でられていたという事実を証明するCDがこちら!ということに…。どちらにせよ、やっぱり20世紀ポピュラー音楽におけるキューバンの影響というものは、どんなかたちであれ、計り知れないものがあるような気がしてくるわけですね。*CD再入荷待ち

1.Leo Clarens et ses Rythmes Orientaux – Cha Cha au Harem 03:07
2.Zina Nahid – Danse du sud 02:16
3.Fred Adison et son orchestre – Inch’Allah 02:44
4.Benny Benett – Couscous 03:29
5.Kemal Rachid et ses Ottomans – Loukoum 02:03
6.Benny Benett – Ismaïla 02:57
7.Kemal Rachid et ses Ottomans – Bagdad 02:18
8.Staiffi et ses Mustafa’s – Danse l’amour 02:35
9.Los Cangaceiros – El Mechoui 02:46
10.Kemal Rachid et ses Ottomans – Au café turc 02:08
11.Los Matecoco – Baklava, loukoum, kadaiff 02:59
12.Leo Clarens et ses Rythmes Orientaux – Shish Kebab 02:35
13.Raymond Lefèvre – Lawrence d’Arabie 02:16
14.Trio Joroca – On m’appelle l’oriental 02:14
15.Mohammed ben Abdel Kader – Arabian Night 02:27
16.Roger Morris et son orchestre – Oriental Express 02:38
17.Ali Baba et son ensemble – Mahomet de Tunis 01:59

go top