TRIO ESPIGUL DEL VALLE


1928年ハバナ生まれ、2004年に米国で亡くなった“エル・トロバドール・エスピグル”ことギタリスト/コンポーザーのエドゥアルド・エスピグル率いるトリオ・エスピグル・デル・バジェ。本作は、60年代前半のリリース作かと思いますが、クリスタルからリリースしたアルバム『ハイ・チコ』(K5-2005)を、曲順はシャッフルされていますが、全曲収めるリイシューです。
エドゥアルドの巧みなギター、アルマンド・デル・バジェのレキント、アンヘル・デル・バジェのヴォーカルで、コスタリカのレイ・ティコ作の1曲目やフランク・ドミンゲスの2曲目ではジャジーな要素を交えてフィーリン・ムードを演出したり、3曲目ではグアラーチャとサンバを併せたり、9曲目はプラターズのヒット曲「オンリー・ユー」をスペイン語カヴァーしたりと、モダンな雰囲気を備えたトリオです。
盤起こし?と思われますが、音質はまずまず良好です。紙スリーブ・ジャケに、レコードに模した黒色盤が封入されています。(サプライヤーインフォより)

1. Romance En la Habana – Ray Tico
2. Imágenes – Frank Domínguez
3. Guasamba – Sergio González Siaba
4. No Niegues Que Me Quisiste – Jorge Del Moral
5. El Tartamudo – Lolo Hernández
6. Pan Caliente – Sergio González Siaba
7. Triste Carta (Bolero) – Eduardo Espigul
8. Un Telegrama – Hermanos García Segura
9. Solamente Tú – Buck Ram
10. Ay, Que Basilongo – Sergio González Siaba

go top