OCHO / Ⅱ


★オチョ/ II
こちらもボンバから、1996年に世界初CD化リリースされたチコ・メンドーサ率いるオチョ、1973年のセカンド・アルバム〜NYラテンの名作です!僅少デッドストックあり、ということでしたので、買い占めさせていただきました。もちろんサービス価格を設定させていただいてのご提供!で、そのCDオビに解説・原田尊志とあってビツクリ…何の記憶もありませんな、ハイ。
で、解説に何が書いてあるのかは謎ですが、ともあれ、マンボ&チャチャチャ・デイズのオールド・ラテン感覚を残しながら、ラテン・ジャズのインスト・スタイルも感じさせ、あるいはサルサ的なダンス感覚も披露、加えてアフロ系キューバン・ルンバも吸収したパーカッシヴさ、といった、様々なラテン的要素を横断する唯一無二のその音楽性が実にクール!オチョならではのパーカッシヴかつセンティミエント溢れるそのグルーヴに、是非一度、身をゆだねていただきたいもの。既になかなか入手困難なCDであることは言わずもがな、ですね。

1. Last Tango In Paris
2. Oye Mi Son Cha Cha Cha
3. What Are You Doing The Rest Of Your life?
4. Descarga Con Bajo
5. El Guayabero
6. La Batanga
7. Guaguanco En Tropicana
8. Foolia

go top