MICHAEL VEAL & AQUA IFE / Volume 2


>★フェラ・クティ研究の第一人者でありミュージシャンでもあるマイケル・ヴィールの2018年作が再入荷!トランペット、アルト /テナー /バリトン・サックスで金管5名にドラムス&パーカッションで3名、鍵盤&ギター各2人とマイケル・ヴィール自身によるベースという13人のビッグ・バンド編成で、フェラ・クティの音楽性をベースにしたアフロビート・ジャズを展開!聴き応えあります。
>こちらで紹介されていたアルバムですね、
無断リンク陳謝&感謝!

1 I.K.E. (Inter-African K-Fun Extravaganza) 6:29
2 Giving Dap Where Dap Is Due 8:30
3 Bonnet Ray Blues (Aetobatus Narinari) 8:47
4 Super Nova 8:28
5 Civilian Rule 8:38
6 Rue Mami Wata 11:23
7 A Vanquished but Unsubjugated District 8:12

Personnel: Michael Veal (electric bass, composer/arranger, talking drum), Eddie Allen & Randolph Smith (trumpets), Roman Filiu (alto saxophone), Norbert Stachel (tenor saxophone), Lauren Sevian (baritone saxophone), Ben Tyree and David Satkowski (electric guitars), Kwami Coleman & Bennett Paster (keyboards), Andy Algire (drum set), Baba Donald Eaton & Marcus Farrar (congas and percussion). Recorded summer 2018 at The Bunker Studio, Brooklyn, New York. Engineer: Nolan Thies. Mastering: Alex DeTurk. Artwork: Naomi Yang. Photography” Charles Daniel Dawson.

参考▽

 

>★
>こちら VOL.1
〜品切れ
無断リンク陳謝&感謝!
again,

go top