Mix & Selected by COMPUMA SOMETHING IN THE AIR 3


SOMETHING IN THE AIR 3
I’ll Never Forget The Scenery I Watched With Jerry Mouse Marquez.

Mixed & Selected by Compuma
Presented by Jerry Ukai Cover
Photo by Masaaki Mita

2018年7月4日-7月25日の期間、代官山蔦屋書店2号館1階ブックフロアにて開催された、グラフィックデザイナー/イラストレーター、ジェリー鵜飼「ジェリー・マルケスSHOW」にて、氏の新作小説「ジェリー・マルケスと一緒に観たあの景色のことは忘れない」のサントラ的な役割として同時展開された、Compumaによる新作MIXCD「SOMETHING IN THE AIR 3」が好評につき、ジャケットアートワークを新たに装いMIXCD単体として発売される事になった。
———————————————-
10年ほど前から山登りにハマりました。本来ならば大自然の中では、そこにある音が最良のBGMなのですが、欲張りな僕はどうしても山で聴く為のサウンドトラックが欲しくなり、コンピューマ氏にお願いして制作を依頼しました。ソロで行くオーバーナイトのハイキングは、楽しいだけではなく孤独や不安に支配される時間が時々あります。コンピューマ氏の「SOMETHING IN THE AIR」シリーズの、目に見えない「何かの気配」を感じるようなサウンドは僕がイメージする山の音楽にピッタリな気がしていました。そこで「山って意外と孤独で寂しいんですよ」と一言だけ添え、山の写真を幾つかメールして音のことは全てコンピューマ氏にお任せすることにしました。数週間後、待ちに待った音源が送られてきたタイミングで、僕のキャラクターでもある「ジェリー・マルケス」が登場する小説の執筆に取り掛かかります。できたばかりのこの音源があまりにも素晴らしく、小説の方向性やディテールがグイグイと音楽に寄って行くことになりました。まるで先にサントラが完成した映画の脚本を仕上げるような作業です。僕としては大きな誤算でしたが、結果的に良い方向に転んだと思ってます。それだけ惹きつけられるサウンドでした。 果てしなく深い深~い山の世界。知ってる人も、知らない人も、各々の山をイメージしながら是非聴いてみてください。 by ジェリー鵜飼
———————————————-
ジェリー鵜飼さんからの当初の依頼は、”山登り、登山の為のBGMミックス”という事で、ほぼ登山経験のない自分でしたが、参考資料として鵜飼さんから送られてきた登山写真の数々が、あまりにも素晴らしく壮大で美しく、そこから大きくインスパイアされて、勝手ながらの想像力と妄想力を広げて作ったミックスとなります。矛盾してるようですが、圧倒的自然の美しさと驚異を目の前にする中で、自然との調和、そして、まったく音や音楽など必要ない無の世界と子供心ワクワクする冒険心をくすぐられるようでいて平穏な何でも無い境地を目指してみました。 自分にとってのライフワーク的MIXCDシリーズ「SOMETHING IN THE AIR」の新たな仲間入り最新作として、そして、今までになくシンプルでありながらイマジナリーに奥深く、ミックスとサウンドトラックとの間、といいますか、聞き手の様々な距離感でひっそりと存在できたらと思っております。SOMETHING ABOUTと鵜飼さんMountain Poor Musicとの共同リリースです。なにとぞどうぞよろしくおねがいいたします。by Compuma

COMPUMA(コンピューマ)
ADS(アステロイド・デザート・ソングス)、スマーフ男組での活動を経て、 DJとしては国内外の数多くのアーティストDJ達との共演やサポートを経ながら、日本全国の個性溢れるさまざまな場所で日々フレッシュでユニークなジャンルを横断したイマジナリーな音楽世界を探求している。一方で、長年にわたるレコードCDバイヤーとして培った経験から、選曲等、音と音楽にまつわる様々なシーンで幅広く活動している。2017年には、Berlin Atonal 2017への出演、今年2018年秋にはベルギーMeakusma Festivalへの参加など、悪魔の沼での活動含めて、国内外で精力的に活動の幅を広げている。http://compuma.blogspot.jp

ジェリー鵜飼
1971年生まれ。静岡県出身。グラフィックデザイナー、イラストレーターとして活動中。 数々のCDジャケットやファッションブランド、アウトドアブランドの広告、カタログ類を手がける。代表作にグレゴリー、パタゴニアタイムス、POPEYE、コンピューマ、ヤン富田、リトルクリーチャーズ等がある。石川顕、神山隆二と共にウルトラヘビーとしてアート活動も行う。

go top