MIGUELITO CUNI


ポピュラー音楽史上アフロキューバの伝統の最高の具現者といわれた名歌手ミゲリート・クニ。アルセニオ全盛期のリード・ヴォーカリストで、アルセニオ渡米後も直系バンド、チャポティーンのコンフントで活躍しましたが、本作は1964年にパナルト社からリリースされた、チャポティーン名義のアルバム『ラ・グアラパチャンガ』を、曲順はシャッフルされていますが、全曲収録するリイシューです。
ボレロから、跳ねるような当時のニュー・リズム系まで、もちろん、「これぞキューバの声」とされるサボールたっぷりなクニのヴォーカルを全編にフィーチャーしています。
盤起こし?と思われ、若干の音擦れ等ございますが、音質はまずまずです。紙スリーブ・ジャケに、レコードに模した黒色盤が封入されています。(サプライヤーインフォより)

1. Hágase Tu Voluntad (Bolero) – Luis Griñan
2. La China Tiene Imán (Guaracha) – Félix Chapottín
3. Camina y Prende El Fogón (Son Montuno) – Benigno Enchemendía Oliva
4. No Soporto Más (Bolero Cha) – T. Ruiz
5. Cuídese Macome (Pachanga) – Luis Griñan
6. Ansias de Ti (Bolero) – Miguelito Cuní
7. La Pelotera (Guaracha) – J. L. Delgado
8. Temo Llorar (Bolero) – E. Cremadich
9. Quítate El Chaquetón (Son Montuno) – R. Díaz
10. Me Acuerdo Más de Ti (Bolero) – Luis Griñan
11. Mujer No Me Digas Nada (Bolero) – J. Puig
12. La Guarapachanga – J. R. Prevet

PERLAS CUBANOS 141

go top