ORLANDO VALLEJO / BOLEROS CUBANOS


オルランド・バジェッホは、1950年代からベボ・バルデース、コンフント・カシーノ、コンフント・クババーナ、ベニー・モレーのバンダ・ヒガンテなど一流楽団で活躍した後、1950~60年代にソロ歌手として活躍しました。ソロとなってからは、甘い落ち着いたクルーナー系の歌唱法で、ボレロを中心にヒットを次々に飛ばしました。人気者らしく録音も多岐にわたり、前述以外にもロベルト・ファス、ニーニョ・リベーラ、セネン・スアレス、ルイス・サンティ、フリオ・グティエーレス、ヨーヨ・カステレイロといった一流バンドで歌った録音も残っています。
本作は60年代前半にパナルト社からリリースされたLP『オラス・デ・アモール』(LP-2091)を、曲順はシャッフルされていますが、全曲収めたリイシューです。ピロート・イ・ベラ、ヤニェス・イ・ゴメス、ミゲリート・バルデース、ラファエル・エルナンデス、チューチョ・ロドリーゲスらのボレロ~フィーリン系ナンバーを、コンフントをバックに、ムーディな歌唱で聴かせてくれています。
盤起こし?と思われ、若干の音擦れ等ございますが、音質はまずまずです。紙スリーブ・ジャケに、レコードに模した黒色盤が封入されています。

1. Estas Horas de Amor (Bolero) – Piloto y Vera
2. Nuestros Corazones (Bolero) – Evelio Landa
3. Inteligéntemente (Bolero) – A. Doval
4. Locuras de Amor (Bolero) – Juan Lucas
5. Si Ya No Te Quiero (Bolero) – Rafael Hernández
6. Te Están Engañando (Bolero) – Damiron
7. Cuando Comienza El Amor (Bolero) – R. Díaz
8. Otra Vez Mi Canción (Bolero) – Yáñez y Gómez
9. No Puedo Fingir (Bolero) – M. Montalvo
10. No Es Vedad (Bolero) – Rafael Hernández
11. Ya No Alumbra Tu Estrella (Bolero) – Merceditas Valdes
12. Que Más Puedo Pedir (Bolero) – Chucho Rodriguez

go top