BULLA EN EL BARRIO / RUEDA DE BULLERENGUE


*A new generation of traditional Colombian dance music, recording in NY
side A- Escudo De Tambo    side B- Pa’ San Juan de Uraba

打楽器、チャント、ダンス… コロンビアのカリブ海沿いに伝わる伝統文化、ブジェレンゲ。NYのバリオでそんなアフロ・コロンビアの伝承文化を復興させた貴重な記録を捉えた2曲!グループ、ブジェ・エン・エル・バリオは、コロンビア人歌手、カロリーナ・オリベーロスがNYにやって来たことがきっかけになって活動を開始。公園や近所での演奏が評判を呼び、オーディエンスの多くもメンバーとして加わり発展してきた。美しいチャント歌唱に重なる打楽器とコーラス。完全なフィールド録音のような臨場感のなか、独特のトランス感覚が生まれていきます。(サプライヤーインフォより)

“ブジェレンゲ” というのはこの場合、クンビアの元となったようなコロンビアのカリブ沿岸に伝わるパーカッション・ミュージックで通常、女性歌手がメイン、リード&コーラスをコール&レスポンスで歌を交わし、タンボリートを中心とした男性打楽器奏者達が、そのバックに着くというスタイル(パナマのカリブ沿岸にも“ブジェレンゲ”と呼ばれる打楽器ダンス音楽あり)。そのトラッドなブジェレンゲを演じるコロンビアの若手グループが、このブジャ・エン・エル・バリオであり、本盤はブジャレンゲをA面6分&B面4分で聞かせてくれるNY録音アナログ7インチ・シングル、ということに。で、例えば、現役ブジャレンゲで有名な女性歌手は誰かと言えば、そう、トトー・ラ・モンポシーナを思いだしていただければOK。流石にトトーとくらべては可哀想ですが、よく通るカリブならではのムラータ声主唱と、若々しい高音域の女声コーラス、そして、どこか粘りのあるジャケ写そのままの打楽器アンサンブルのコクのあるリズム。それがすべて、余計なものが何もないブジェレンゲを聞かせてくれます。それにしても、いいジャケットです!詳しい折込解説(英文)&写真付。

素晴らしい!>★>★

▽参考映像、になるかどうか、

go top