民謡クルセイダーズ / 民謡しなけりゃ意味ないね


再々々入荷ですよ!
フル・アルバムが今年12月以降にリリースされるという話を聞きますが、それまで待てん!という方、是非この5曲入りデモ録音オフィシャル・ブートCDRで、頭と耳と身体ほぐしておいて下さいね、…断じて、”民謡は遠き
にありて思ふもの” じゃないということ、体験しておいて下さい!よろしく、どうぞ!

ライ・クーダーも注目!?噂の民謡クルセイダーズ、このあいだ、初めてライヴ見て一発でファンになってしまい、メンバーのお一人が当店のヘヴィーなお客さんだったので無理強い? 初入荷とあいなりました。5曲入りデモ録音オフィシャル・ブートレグCDRだそう(笑)!選曲OK、コンセプトばっちり、演奏は適度に easy バッチリ groovy ですよ!本格的なタタズマイの男声民謡ヴォーカル(キュートにオリエンタルな女声もOK)をフィーチュアーして、 “ラテン日本民謡グルーヴ” バンドスタイルを確立しつつありますね! コンゴの展開が実に楽しみですが、メンバーの皆さんプレッシャー(過度な期待とか)に弱そうなので、気長に楽しむつもりでライヴまた行くつもり。まず、皆さんも是非ライヴへ行ってみて下さい。開放感ありますよ〜!

1. 串本節(クンビア)
2. 真室川音頭(ビギン)
3. 安来節(エキゾボレーロ)
4. ホーハイ節(アフロ)
5. 会津磐梯山(ラテン)

以下、オフィシャルHPより〜
かつて戦後間もない頃、偉大なる先達…東京キューバンボーイズやノーチェクバーナが大志を抱き試みた日本民謡とラテンリズムの融合を、21世紀再び再生させる「民謡クルセイダーズ」。
東京西部、横田基地のある街、福生在住で米軍ハウス「バナナハウス」主のギタリスト田中克海が、モノホンの民謡歌手フレディ塚本と近所の某酒場で意気投合したことをきっかけに、2012年福生周辺の辺境音楽好きが集まり結成。 70年代以降には福生でよく見られたハウスセッションを続けながら現在に至る。
2015年 7吋シングル「串本節」限定発売。
2016年「バナナハウス」でライブレコーディングされたオフィシャルブートレグDEMO録音CD-R「民謡しなけりゃ意味ないね​!​! It Don’t MinYo A Thing​(​If It Ain’t Got That Bu​-​shi​)​」を発売。

参考〜

go top