HA VAN / TIENG HAT


ha-van2015去年聴いた時には、ちょっとばかり、伴奏がおざなりなんじゃないか?とか、ジャケは雰囲気あるんだけどなあ、とか、でも、うまい歌手だなあと、惜しいなあ…、とか、いろいろ思ったんですが、そうか、ベトナム戦争前のハノイ / 南ベトナム歌謡の忠実な再現だったんですね、つまり最小限、歌を引き立てるために、個性的であろうとしないハー・ヴァンの歌を前に出そうとするバックだったんですね…。ちょっとヴォリュームをしぼって、ちょっと部屋を暗くして、南ベトナムの60年代を想い浮かべながら(よく、知りはしませんが)、聴くとはなしに聞いていると、なるほど、いい感じですねえ…。って、>こちらを読んでの再入荷、ということに相成ったわけですが(無断リンク陳謝!)。それにしても、北の人だったんですねえ…、

go top