MONIKA MESA / AL FIN


ECD-1132アナカオーナ、アスーカル・ネグラ、エネヘー・ラ・バンダなどへの参加、オスカル・デ・レオーン、ヒリベルト・サンタ・ロサ、アンディー・モンターニェス、ロス・バン・バン等とも共演を果たしてるキューバン・サルサ系の女性歌手モニカ・メサのアルバムです。
その経歴を物語るように、世界的なアーティストも多数参加しています。アレキサンダー・アブレウ、ユリエン・オビエド、アデル・ゴンサーレスがグループに参加。このアルバムへのゲスト参加は、セスト・センティード、ホルヘ・チコイ(イラケレ)、ココ・フリーマン、etc.といった面々。
サウンドは、ティンバ、サルサからソン、バチャータ、またはそれらのミックスと幅広いのですが、彼女の歌のダイナミックスさでアルバムの統一感もあります。また、ハイラやタニア・パントーハとは違いセンティメンタルな歌唱も得意なようで、変化にも富んでいます。今後も注目していきたい女性歌手です。
なお、一部のCDデッキでは掛からない場合があるようですので(PCではほぼOKのようです)、こちらでCD-Rに焼いたモノを念のためお付けします。予めご了承ください。(サプライヤーインフォより)

▽参考!

go top