V.A. / MEYDAN , Alaturka Records – Tasplaklarin Kaldigi Yerden


MEYDAN-Araturka>こちら(ご参照下さい、取り上げられた作曲家こそ多少違え、基本的に前作と大きく変わらぬメンバー、方向性において作られた制作された本盤です)に続く2作目、昨年末、トルコ航空 / トルコ文化省のアラトゥルカ・レコーズの面々が来日してくれたのも記憶に新しいところ(日本トルコ友好125周年記念コンサート)!SP時代のトルコ古典音楽の流麗な達成を現在に再現させる試みの続編、同趣旨の作品と言っていいでしょう。前作に引き続き、前世紀前半にひとつの頂点を迎えたオスマン古典声楽のスタイルを今に再現、歌い手、器楽奏者あわせて総勢20名が淡々と歌い奏でる2CDということになります。
思うに20世紀後半の 所謂 “サナート” 歌謡は、トルコ古典歌謡としてのある種の権威を裏づける重々しさを表現する傾向を強くし、喉に力を込めた、不自然とも聞こえる唱法の独特な歌謡音楽へと変化、他の歌謡、民謡との差別化をはかって来たかのように聞こえます。もちろん、そうした権威づけは、19〜20世紀の変わり目から歌われた本来の古典歌謡に聞くことはできず、逆に、20世紀的な複製音楽的な大衆歌謡として、古典歌謡もどんどん親しみやすく、さりげなく表現される方向性を持っていたのがSP時代のトルコ古典歌謡じゃないかと思われます。そんな方向性、つまりSP時代の古典歌謡がキープしていたサリ気なさやソフトで軽い妙味といったものを復権させる試みが、この連作シリーズの意味じゃないかと、そう思います。
その意味でも、肩肘張らず、ゆったりと聴いていただきたい本作かと。

CD 1
1.Aman Cânâ Beni Şâd Et
2.Vücûd İklîminin Sultânı Sensin
3.Yine Neş’e-i Muhabbet Dil ü Cânim Etti Şeydâ
4.Ey Dil Ne Bitmez Bu Âh Ü Vâhin
5.Güzel Kuşum Söyle Neden Kederlisin
6.Kâhtane’ye Gelin Yalınız
7.Olsa Kiraz İle Üzüm (Açgözlü Hülyası)
8.Lâl Olursun Söylesem Bir Fıkra
9.Mey-i Lâ’linle Dil Mestâne Olsun
10.İçim Yanıyor Klabim Kanıyor (Zehra)
11.Benim Yârim Şıktır Şık
12.Bir Pür Cefâ Hoş Dilberdir
13.Bakmıyor Çeşm-i Siyâh Feryâde
14.Gözüm Hasretle Giryândır
15.Pencereden Kuş Uçtu (Ben Bir Garip Kuş İdim)
16.Geçti Âlâm-ı Firâkın Cânıma
17.Çok Yaşa Sen Ayşe
CD 2
1.Mâh Yüzüne Âşikanım
2.Gelse O Şûh Meclîse Nâz Ü Tegafül Eylese
3.Gül Gonca-i Ümmîdi Gibi Gel
4.Bir Penbe İncisin Sen
5.Tirek Bostan
6.Etti O Güzel Ahde Vefâ Müjdeler Olsun
7.Bir Çiçeğim Adım Lâle
8.Aşk Âteşine Yanma Gönül Nâfile
9.Bahar Faslı
-Revâdır Bu Dil-i Zârın Figanı
-Ey Mehlika Ey Gül Beden
-Bağlar Bahçeler Güller
-Açtı Güller Andelîb Eyler Fegan
-Gel Gidelim Senin İle
-Bahâr Olsa Çemenzâr Olsa
-Bahâr İle Neşâtimi
10.Ey Ser Ne Acep Derde Düşüp

go top