PANCHO AMAT, ANGEL MARTINEZ / ENCUENTRO, EL TRES Y EL CUATRO


COCD-229キューバのトレスとベネズエラのクアトロという、両国のシンボル的弦楽器の相互交流プロジェクト・アルバムです。キューバ側からは、来日や日本盤リリースなどを通じてもお馴染みな現代を代表するトレス名手パンチョ・アマート率いるエル・カビルド・デル・ソン、ベネズエラからは歴史に残る名手フレディ・レイナに師事し、アカデミックな方面でも活躍する58年生まれのマエストロ、アンヘル・マルティーネスのアンサンブルが参加。それぞれの録音を、ほぼ代わりばんこに収める他、アンヘル・マルティーネスのグループにパンチョ・アマートが加わったものも含め、キューバ名曲「ソン・デ・ラ・ロマ」をクアトロの音色で聴かせたり、チューチョ・バルデースのナンバーをホローポのスタイルで演じたり、エルネスト・レクオーナのダンサをアフロ・ベネズエラ音楽のリズムに仕立て直すなどユニークな試みがなされています。といっても小難しさはなく、インストによる軽やかな弦の響きが心地よいサウンド。ウクレレなども含むギター系弦楽器好きにも広くお薦めしたい内容です。(インポーター資料から)

曲目表:
1. Son de la loma
2. Para las margaritas
3. La Reina
4. Drume negrita
5. La carupanera
6. Al fim te vi
7. Ojyo color de los pozos
8. Papelon con limon
9. Mi tripon
10. Caballito frenao
11. El viejo
12. Fiel enamorado
13. La burra
14. El caminante

go top