GIORGOS & NIKOS STRATAKIS / TO KOPELI KE O DRAKOS


to-kopeli-ke-o-drakosギリシャ、エーゲ海のクレタ島の民謡風味を存分に感じさせるトラッドROCKとでも言えるでしょうか。なかなかありそうでなかった展開かと思います。クレタの擦弦楽器リラを弾くヨルゴス・ストラタキス&ギターやブズーキを弾くニコス・ストラタキス〜ストラタキス兄弟のアクのある潮辛い歌声とソングライティングをフィーチュアーしたセッション・ユニットによる2014年作となります。プロデュースを担当するのはベーシストにしてアレンジャー(一部作曲も)のアレコス・カツァーキスで、この人は今をときめくレオニダス・バラファスのバック・ミュージシャンでもあったわけですね。なるほど、点と点が繋がって来ましたね。ともあれ、ブッキラボーで男臭い塩辛声&島唄リズムとブルースに溢れるこのアルバム、クレタのリラ&器楽演奏も存分に聞かせて、しかもフォークロック的なノリも備えたなかなかの力作と聴きました。

TITLES: 1 KAVOUSI 2 ONIRO 100 HRONON – DEN IME PETRA 3 TO DAKRY MOY TO PETRINO 4 TSI POLI TO SKAMNI 5 TO KOPELI KE O DRAKOS 6 APO MIKROS 7 PETA PIGES 8 VASILIAS 9 SOUSTA – KONTE MIRI 10 TEMENADES 11 TO LAINI 12 METHYSMENA VRADIA 13 PEDI MOU 14 ANISYHO PNEVMA

Alekos Chatzakis (Bass), Giorgos Stratakis (lyre), Dimitris Matzarakis (guitar), Manolis Stratakis (tabor), Nikos Stratakis (lutes, brood, guitars, percussion, Idiophone, and e. Bass 7 & 11) Georgios Makris (bagpipes 2, 5, 8, 10 & 13), Damianos Vassilakis (flute 7), Kostas Markakis (guitar at 12), Nikos Mastorakis (bass at 12), Aris Kiaris (accordion 12)
*lyrics by Despina Spantidakis, John Avgenaki, Katerina breeze Nektarios Skoula.

go top