GRACE NONO / DALIT


grace-nono-dalti90年代から何度か来日もして、日本国内でもフィリピンを代表する才女、伝統継承派のタガログ語SSWとして知られているミンダナオ島生まれ、グレース・ノノ(1966 -)ですが、2010年にこんなCDを出していたとは知りませんでした(通りすがりのKさんご教示いただきました)。その特徴的なタガログによる歌い口がプログレファンに絶賛されたり、エンヤ風エレクトロ路線な静謐路線のアルバムがあったりと、その音楽性は意外と多彩ですが、この最近作、伴奏はギター類ストリングス重奏で統一し、その音楽は旧々宗主国?16世紀以来、フィリピンを植民地化したスペイン〜南欧系音楽を想わせます。もちろん、南欧風のタガログ民謡 / 舞踏音楽は(これまで、ノノは取り上げていなかったと思いますが)現地に今も盛んですから、何の不思議もありませんが、この人が歌うとまた本来とは一味違う迫力で聞こえるから、不思議。

go top