PROFESSIONAL UHURU DANCE BAND / WOFA WOHO – OSIBI


USプレスですが、ガーナでの販売のために作られたCDです。ナイジェリア盤ほどワイルドではありませんが、ジャケのスレや少々のケガレ、お許し下さい。
60年代のダンスバンド・ハイライフ、ここでも極まってますね!重鎮サミュエル・オボット率いるウフルー・ダンス・バンド~60年代前半頃のガーナニアン・ハイライフの粋が楽しめます!5本のトランペット、アルト・サックス、テナー・サックス、バリトン・サックス、トロンボーン~各1の9管で迫るホーン・セクションも豪勢、トランペット、エレキギターのアドリヴも決まってます。やや高音域のヴォーカル&コーラスもスピーディー、躍動感あるビッグバンド・サウンドをバックに実に上機嫌な歌い口を聞かせてくれます。カリプソっぽい女性歌手のシャーロット・ダダが歌うナンバー歌声も収録。拍子木やパーカッションがややジャジーでふくよかなハイライフ・アレンジの中、ガーナ風味をたっぷり振りまいてくれるのも嬉しいところ!
>こちらで紹介されています!無断リンク陳謝&感謝!

WOFA WOHO
1 Africa Must Unite 2:38
2 It’s Time For Highlife 2:57
3 Bosoe 2:58
4 Eben Asem 2:40
5 Wofa Nono 2:56
6 Antobro 2:43
7 Brokeman 2:33
8 Skin Pain 2:56
9 Wo Betumi No 2:51
10 Nkrobo 2:50
11 Born Throway 2:45
12 Ahunyadze 2:36
13 Ahocfe Dua 2:59
14 Afe Edu 2:57
15 Pimpran 2:53
16 Wofa Woho 3:35

OSIBI

1 M’afa Anye Yie
2 Amona Nsia
3 Go Slow
4 Fa Wo Akoma Ma Me
5 Opoku Nfa Ne Nku
6 Mumude
7 Bosoe
8 Osibi
9 Foot Nsia
10 Wo Beku Me
11 No Parking
12 Kojo Botsio
13 Kanawa
14 Ahoma Trofo
15 Nkane No (Bonus)
16 Nkane No

Congas – Potato Darko
Drums – Rim Obeng
Saxophone, Flute, Alto Saxophone – George Amissah
Tenor Saxophone – Kwasi Dontoh
Trumpet – Mac Tontoh
Vocals – Charlotte Dada, Ed Ntreh, Joe Mensah, Josh Aikins, Pat Thomas, Willie Cheetah
Trumpet, Leader – Sammy Obot

go top