ELENA BURKE


elena196450年代にデビュー以来キューバ国内では他の追従を許さない一番人気の”センティミエントの女王”ことエレーナ・ブルケが1964年に発表した『CANTA LA BURKE』のストレート・リイシューCD-Rです。バックは、ラファエル・ソマビージャとアドルフォ・グスマン指揮による、ストリングスが美しいフル・オーケストラ。キューバでフィーリンの歌手といえば、まず第一に名前が挙がるのが、このエレーナ・ブルケです。本作は、まさにフィーリン時代の録音で、ヤニェス・イ・ゴメス、ホセ・アントニオ・メンデス、ピロート・イ・ベラ、マルタ・バルデースらフィーリンの作家たちの作品を取り上げています。このフィーリン時代のエレーナ・ブルケは、あまり大仰な歌い方はまだ聞かれず、抑制の効いた歌唱で、フィーリンらしいクールさも聞かせています。(unk-10260)

go top