V.A. / THIS IS TEHRAN ?


今現在のイランはテヘランの音楽シーンを知ることができるオムニバス、もちろん、30Mというドイツの新興レーベルの視点において切り取られた断面ということになりますが、コレは面白い!?女声ものも含んでいるところ、現状、現地ではありえないような気もしますが、ソノ辺はどーなっているのか?
 
01. Saba Alizadeh – I May Never See You Again
02. Ehsan Abdipour – Sorna Lorestan
03. Hooshyar Khayam & Bamdad Afshar – Char
04. Otagh Band – Rotenburg 2020
05. Pedram Babaiee – Et Cetera
06. Sote – Pipe Dreams Metempsychosis
07. Parastoo Ahmadi – Balal Balalom
08. Rojin Sharifi – Naked City
09. Siavash Molaeian & Kasra Faridi – Kolber
10. Mina Momeni – Divar


イランの首都テヘランの最新型伝統音楽を伝える画期的コンピレーションが登場!
 現在1500万人もの人々が暮らすイランの首都テヘラン。その地の伝統音楽の今を綴ったコンピレーションが、新世代のペルシャ音楽を紹介するドイツの新興レーベル〈30M Records〉から登場した。本作には、ペルシャ〜中東の音楽シーンで古くから使われてきたカマンチェ(スパイク・フィドル)などの伝統楽器の演奏をベースにしつつ、エレクトロニックなプログラミングやハイセンスなエフェクト処理を導入することで、現代性溢れる世界基準のサウンドへとアップデートされたものが満載。すでに単独作をリリースしているフーシャル・ハヤム&バムダッド・アフシャルのほか、実験的な電子音楽家のソテ、カマンチェ奏者の若手実力派サバ・アリザデフなどといった音楽家らによるカッティング・エッジなトラックが全10曲収録されている。「これがホントにテヘランの音楽?」と誰もが驚くような斬新な音楽ばかり! (サプライヤーインフォより)
●日本語による説明をつけた帯を商品に添付して発送いたします。日本語解説は同封しておりません。予めご了承ください。


go top