TAO RAVAO & THOMAS LAURENT / AU BOUT DU PETIT MATIN…


 

マダガスカルのカボシー(ギター)とヴァリ(ヴァリハ)弾きのホーボー・シンガー、タオ・ラヴァオ(ロジェ・パティエ)が、前作までのヴァンサン・ブッシェ(ブルースハープ)に代わって、新たなパートナーとして組んだハーモニカ奏者トマ・ローランとのデュエットアルバム。ニュー・オーリンズ・クレオール、ケイジャン、カリプソ、フォッホー、サレジー(マダガスカル)!などが溶け込んだ独特のサウダージ音楽を展開。英仏語解説(サプライヤーインフォより)

go top