SUKIYAKIS

★スキヤキス イイ顔&声の南方系シティ・ボーイ、モッチェ永井と、南海サックス人情派バリトン・サックス奏者、浦朋恵による、「スカ+歌謡曲=ス歌謡」を標榜するバンド、その名もスキヤキス! 東西を代表する重量級の2人の華やかなツイン・ヴォーカル・スタイルで、スカやロック・ステディのリズムにのせて日本語で繰り出されるオリジナル・スキヤキ・チューン(ホロリあり)。秋廣 …

続きを読む>

CHIEMI ERI 江利チエミ

スミマセン!キングとアクフォンとの契約上、輸入規制品らしくて、当店としてはちょっと入りにくかった本盤、今更ですが再入荷して来ました。 弱冠30歳、フランスの青年がスタートしたアジア50’s〜80’s限定復刻レーベル、アクフォンからの江利ちえみ・コレクション!チエミといえばテネシー・ワルツだと思っていた日本人の不意を突く50年代後半10 …

続きを読む>

相倉久人 著・松村洋 編著 『相倉久人にきく昭和歌謡史』

卓抜なジャズ評論で時代を画した著者が最後に語りおろした日本ポップス文化論! 昨年7月、自選評論集『されどスウィング』刊行と同時に惜しくも世を去った音楽評論の大家・相倉久人の没後初となる著作。 エノケン、美空ひばり、服部良一、坂本九、クレージーキャッツ、軍歌、百恵・聖子・明菜・奈保子、ユーミン、大瀧詠一、シャ乱Q⋯⋯ 戦前・戦中のヒット曲・軍歌から、戦後のアイ …

続きを読む>

V.A. / 昭和カタコト歌謡 <女声編> & 昭和カタコト歌謡 <男声編>

            ★当店で普段は在庫しない国内メジャーレコード会社の商品がナゼ入荷しているのかと言えば、そりゃー当店の常連さんでもあり、何かとお世話になっている元 “静岡ロックンロール組合” かつ、今となっては幻の夜明け前FM充実音楽番組 “MORNIN’ BLUES” DJかつ、 …

続きを読む>

泊 / 霽月小曲集

異色流行歌デュオ5年ぶりのフルアルバム! <ぐらもくらぶ>からついに「泊」のCDが発売ですぞ! 2002年に漫画家山田参助とギタリスト武村篤彦により大阪で結成された架空流行歌ユニット「泊(とまり)」。 1930~1950年代スタイルの歌謡を現代によみがえらせたようなオリジナル曲群で歌謡曲ファンからワールドミュージック・ファンの間で話題となった1s …

続きを読む>

平野愛子 / ゴールデンベスト

ビクター戦後最初の新人、平野愛子のゴールデン☆ベスト。 大ヒット曲「港が見える丘」、「虹よいつまでも」、「恋ひとたび」他を収録。 港が見える丘 (MONO) 君待てども (MONO) 白い船のゐる港 (MONO) お妙子守唄 (MONO) もう帰らない (MONO) 星ひとつわが胸に (MONO) さよなら銀座 (MONO) なぎさの別れ (MONO) 愛の …

続きを読む>

V.A. / ローオン歌謡烈伝

ついに、このたび、メディアプロデューサー、昭和のお笑いTV 番組の仕掛け人=澤田隆治氏の提供により芸能歌謡の魂、ローオン・レコードがその幻だった姿を現します。大西ユカリも手本としたソウル歌謡、フラワーショーの歌謡史上に刻んだ名作!「幻のブルース」(藤本卓也)をはじめ、哀愁漂う亡き横山やすし、若かりしころの松福亭鶴瓶、浪曲歌謡の大傑作!!芙蓉軒麗花の「ろうきょ …

続きを読む>

V.A. /ローオン歌謡列伝 II

夕焼け的昭和感満載な、歌う関西芸人魂の世界初CD 化で予想以上の反響となった『ローオン歌謡列伝』の第二弾で最終章。予想以上の反響で着手。 第一弾でみんなが痺れたフラワーショー華ばらのソウルフルな熱唱から一転して大阪ならではの庶民的な哀愁や人情が全面に漂う。東映のピンク?女優白川みどりによる大傑作ストリップ哀歌、あの話題必至の「ミュージック京都」がいよいよ収録 …

続きを読む>

NOVOS NANIWANOS (MINI ALBUM)

90年代から活動する浪速のフレーヴォ系お祭り歌謡エレトリコ7人組!08年に至って、とうとうデビューMINIアルバムがリリースされました。「大阪を悔い改めよ」というキャッチフレーズも既に有名ですが、ハジケまくったエレキな2ビートに乗せて、浪速への愛憎をハイトーンの男声が歌い飛ばします。日本語がこんなにフレーヴォに乗るとは驚きですが、サイケあり、ヘヴィメタあり、 …

続きを読む>

西田佐知子 / 初めての街で ベスト・セレクション

1. 初めての街で 2. アカシアの雨がやむとき 3. 女の意地 4. エリカの花散るとき 5. 夜が切ない 6. 死ぬまで一緒に 7. 故郷のように 8. 赤坂の夜は更けて 9. 東京讃歌 10. 東京ブルース 11. 博多ブルース 12. メリケン・ブルース 13. 裏町酒場 14. 信じていたい 15. 雲の流れに 16. 涙のかわくまで 17. あの …

続きを読む>

go top