SUTARI / SIOSTRY RZEKI


スタリ〜 バシア・ソヌギン、カシャ・カペラ、ゾシャ・ベンブルズスカという若い世代の女声3人組でポーランドのトラッド、伝承に根差した歌を、それぞれヴァイオリンや打楽器を演じながら、コーラスで聴かせます。
デビューは2012年、ポーランドのラジオ放送局によるフェス”Nowa Tradycja(New Tradition)” に初お目見えし、リスナーの選ぶ有望アーティストの2位になったそう。2014年にはファースト・アルバム ”WIANO”(未入荷)をリリース、その年のポーランド国内でリリースされたベスト・アルバム30にも選ばれたそう( beehype)。その後、WOMEX 2015 はじめ、オランダ、ベルギー、北米やブラジルでも演奏し、広く話題を呼んで来ました。
本盤は、2017年の>セカンドに続く2020年のサード・アルバム、演奏や歌のあり方など、基本的には前作とそう変わらないのですが、前作のテーマはポーランド北部の森林にまつわるものでしたが、今作のテーマは、その森林地帯から流れ出す川、それは「旅する者のルートであり、水と栄養の源であり、休息、祝い、そして神秘との交わりを教えるもの。 多くの習慣、信念、儀式、物語が川に関連しています。 川は母なる地球の静脈です」。それぞれの曲が川の流れが見せるさまざまな表情をテーマに組み立てられ、より流麗、透明な感覚を散りばめながら、古い伝承を現在をつなぐような感覚を聞かせます。
 
1 A Woda / But Water 4:14
2 Lila Gąski / Lila Geese 4:43
3 Łado / Łado 4:32
4 Kośniczki / Women Of The Harvest 4:33
5 Swaty / Matchmaking 3:11
6 Nurt / Flow 4:23
7 Przemijanie / Transience 4:04
8 Toń / Depths 4:59
 
Sutari:
Basia Songin
Kasia Kapela
Zosia Zembrzuska


go top