SHAKILA / SILENT LIPS (Labe Khamoosh)


若作りなジャケットのポートレイトはともかくとして、そろそろ、中堅というよりヴェテランと呼んだ方がいいでしょうか。幼い頃よりペルシャ古典声楽を学び、女性がレコーディングすることに不自由なイランを出国、歌手を志し渡米、80年代半ば頃よりコンスタントにアルバムをリリースして来た西海岸在住の実力派=シャキラ、2005年の充実作初入荷です。随所に響くイランの弦、セタールの音色をアクセントに、端正なアコースティック仕様のバックで、ボレーロ風、ボサ風、バラード風、シャンソン風、ソウル風、そしてペルシャ古典風と、さまざまなアレンジの中、時折、ヒバリがさえずるようなタハリール唱法も聞かせつつ、高音でしっとりと伸びる歌声が円熟の境地を示してくれます。イランならではの清澄なムードを横溢させながら、まさに秋の夜長にぴったり、じっくりと楽しめる歌謡アルバムを届けてくれました。オススメします。>★

go top